「家族が集う時間」「個の時間」を楽しく豊かにおくる空間

1階は、1つの空間を共有しながら、家族それぞれが好きな場所で好きなように過せるように、オープンな家族空間の中にミニマムな個人空間が同居する世界を創り出し、2階は子供部屋のロフトやご主人の面積を抑えた書斎など「秘密基地」的なプライベート色の強い空間を創り出すようなプランニングを行っています。また、思いきり深呼吸をしたくなるような良質の空気で家の中を満たしてくれるような、自然素材いっぱいの住まいとなっています。

建築の背景

[きっかけ] 重視したのは「調湿」

家族の健康や建物の維持管理のため、「調湿」を重視され、「自然素材」だけでなく「セルローズファイバー」にも関心をお持ちになられていたお客様。その両方を標準仕様にしている吉安建設に辿り着かれたのは必然かもしれません。

[こだわり] 家族の思いのつまったアイデアノート

スタートはお客様が持ち込まれた「家づくりノート」「キッチンとダイニ ングは家の中心にして家族の会話が家の中心にあるようにしよう」「天井まで木を張って自然素材に溢れた空間にしたい」など家族の思いのつまったアイデアノートがその後の家づくりの全てに反映されています。

[こだわり] 毎日の家事が楽しくなる理想の家事動線

生活動線を重視した奥様のための「楽」プラン。

毎日「楽しく」家事を行うのが少しでも「楽になる」そんな理想の家事動線を実現しています。

[家づくり] ご自身での家づくりスタート

DIYから電気作業まで自分で何でも出来てしまうご主人。建物が完成し終了ではなく、お庭づくりなどこれからがご自身の家づくりを楽しむスタートです。

こだわりのポイント

玄関

家の中に足を踏み入れると、玄関の地窓の先に、ご主人が自分で作られた坪庭が目に入ります。植えられた紅葉が毎日少しずつ成長し、変化し、季節や時の移ろいを感じさせてくれます。

リビング+ウッドデッキ+お庭=?

フルオープンサッシを使い、障害物なしでリビングとウッドデッキ、お庭を繋げました。子供たちが駆け回るもよし、天気の良い日にデッキにテーブルを出してお茶をするもよし、家族みんなでBBQをするもよし。いろいろ楽しめるマルチ空間です。

1階スタディコーナー

高台という立地条件を一番感じることの出来る空間はここかもしれません。お子様の勉強やパソコンスペースとしてだけでなく、周囲の目線を気にせず外の景色を眺めながらのんびりティータイム

和室

「山鹿の家」では1階の日当りの良い、建物の中でも1、2を争う良い場所に和室が位置しています。和室でゴロゴロしたり、日向ぼっこをしたり、リビングの延長として子供たちが遊びまわったり「和室」はご家族にとても大事な空間なのです。

ロフト

子供部屋に設けられた「ロフト」限られた空間を有効利用するために設けていますが、子供たちにとっては「子供部屋」という「自分空間」の中の更なる自分だけの「わくわく空間」がそこには広がっているんです。