家全体で一つの空間 開放感を感じる平屋

「平屋で家事動線の良い家に住みたい」という施主様へ、シンプルで機能的な平屋をご提案させていただきました。

奥様がキッチンを中心に、どの部屋にもアクセスしやすいよう、家中をぐるっと回れる間取りは、効率の良い家事動線として機能します。

また、家全体を一つの空間と考え、引き戸を開け放つと家中の空間がつながることで、家の中の家族の様子が感じ取れて開放感も損なわない「家全体が一つの空間」という特徴を持った家となりました。

建築の背景

[きっかけ] S様との出会いは、結婚を機に建築を考えられた事からでした

弊社にお声掛け頂いた時には既に他社でも検討されていたということでしたが、弊社の考える「安心、安全快適に住める自然素材の家づくり」に賛同頂き、建築させて頂く運びになりました。

御施主様の結婚式までには完成させてほしいとの要望もあり、ギリギリの工程ではありましたが、予定通りお引き渡しする事ができました。

[コンセプト] 主役は奥様!! キッチンを起点に

「平屋で家族の気配を感じられる家」というテーマをもとに、ご要望をお聞きしました。

S様の奥様から「キッチンは生活感を見せない独立キッチンとして家事動線に組み込みたい」というご要望がありましたので、「独立キッチンでも家事動線が良く、家族の気配を感じることができる家」をコンセプトとし、プランニングを行いました。

奥様のご要望通り、独立したキッチンを家の中心に配置し、起点とすることで、家事の負担を軽くする動線が可能となり、家中をスムーズに回れるシンプルで機能的な間取りの平屋が実現しました。

[こだわり] 家全体を一つの「空間」として

平屋ということであまりコンパクトになりすぎて窮屈にならないよう、開放感を感じる工夫にもこだわりました。

家中の引き戸を開け放つことで家中が一つの空間としてつながり、平屋でも開放感を保ちつつ、家族が家のどこにいても気配を感じられる間取りになっています。

家族がくつろぐためのリビングには、プライバシーを保ちつつ外とつながるウッドデッキと木造の格子を設置、天井にも勾配をつけ、圧迫感を感じないよう配慮しています。

こだわりのポイント

奥様のこだわった水周りスペース

生活感を見せずに、家事をしながら家族のだんらんを感じられ、家事動線が短くなるように設計。

木造りの格子で空間演出とプラシバシーの保護

リビングと外とのつながりを大切にし、南側の大きな窓からは、夏は涼しく、冬は暖かい光が入り心地よい空間ができ、プライベートは保てるように格子を設けています。

床材には小国杉を採用

床材は素足で歩いた時の心地よさを考え「小国杉」の無垢材を使い、家にいるときの奥様の足への負担を軽減出来ように考え、ご主人は仕事後のくつろぎの場を快適に保てるようにしました。

自然素材平屋住宅

平屋というシンプルで住みやすい生活空間に自然素材を組み合わせることで、更に居心地の良い家となりました。