電磁波への対策に関して日本は他の先進国よりも遅れているという事実

北欧の国々などでは常識と言っても過言ではないくらいに重要な電磁対策

オールアースの具体的な施工について

電磁波対策が十分でない日本の家。
コンセント自体が電磁波を逃がす作りになっていないからです。

一般的に普及しているふたくちコンセントとアースターミナル付アースコンセントの比較

国によってコンセントの形状が違うことをご存知でしょうか? 海外では多くの場合、日本のようなふたくちコンセントではなく3つ口のコンセントが使用されています。3つ口のコンセントは、3つ目の穴がアースといって電気の逃げ道となり、感電防止や避雷、電磁波対策の役割を果たしてくれます。

日本の家のコンセントはまだまだふた口コンセントがほとんどで、日本の家は電磁波対策が遅れていると言えるでしょう。更には設計段階の配線なども電磁波対策が考慮されていないことがほとんどで、リビングや寝室など長い時間過ごす場所にもお構いなしに配線されているのが現状です。

電磁波対策を考えたオールアース住宅。

私たちは、しっかりと電磁波対策を考慮した家づくりを行なっています。

また、家だけではなく電磁波とうまく付き合っていく生活のアドバイスも行なっていますのでお気軽にご相談ください。

オールアースシートの施工

室内配線からの電磁波を防ぐため、リビングや寝室の壁や床に導電性シートを施工していきます。

施工後は実際に電磁波が落ちていることを測定します。

分電盤・配線の設計

電線からの引き込み点の周辺は磁場の影響も懸念されるので寝室や子供部屋のベッドやデスクを配置する壁面に来ないようにレイアウトを考慮します。また、コンセントについては一部屋に1か所はアース付コンセントを設置します。

一般的な住宅とオールアース住宅の電磁波実験

※動画はすべてオールアースのホームページ(http://www.all-earth.jp/)よりご提供いただいております。

オールアース住宅 導入実績

オールアース技術を習得したスタッフがご提案します。

私たちは、オールアース住宅技術を習得し、電磁波測定士も在籍している、お客様にオールアース住宅をご提案することができるオールアース住宅オフィシャルパートナーです。