先人の知恵

台風10号が去り、少しだけ朝晩涼しくなった気がします。

エアコンが苦手な私としては、出来るだけ自然の風で涼みたい(冬は日光で温まりたい)と思ってしまいます。

昔の建物は、縁側や土間などを建物内に設け自然の風(空気)の流れを生み出し、夏場は少しでも涼しく、冬は暖かくする造りになっています(京都の町屋が有名ですね。京都は盆地なので、熊本と同じように夏はとても蒸し暑い)

 

私も子供のころに、祖父母に会いに田舎へ遊びに行き、縁側で日向ぼっこをし、土間で涼んだ記憶があります。

 

敷地面積や予算の縛りのある現在ではなかなか縁側や土間を設けるのは難しいですが、もし可能ならば何とか取り入れたいパーツの一つではあります。

 

週末に完成見学会を開催する「泗水の家」では玄関から勝手口へと続く土間を設け、風が抜ける空間となっています。

土間の設け方はいろいろあると思いますが、一つの事例として参考にしていただけると思います。

是非、一度足をお運びいただけると思います。

 

ご予約はこちらから