毎日生活していて何気なく開け閉めしている窓。実際には引違い、縦滑り、横滑りなどいくつかの開け方があります。

そして開け方によって注意しなければならないポイントがいくつもあります。

 

一番皆さんにも馴染みのあるのが「引違窓」一番ポピュラーのもので、「基本の窓」と言えるものです。

 

「縦滑り窓」は横に、「横滑り窓」は縦に押し(引き)開ける形のもの。押し開ける形になり、設置箇所によっては「ウィンドキャッチャー」という外から室内に風を取り込む機能を果たしてくれ、パッシブデザインにおいては非常に大切な役割を担うことがあります。また開放度合いによっては防犯性の向上につながったり、周囲からの目線を気にせずに開放できるスグレモノです。

縦滑り窓(ウィンドキャッチャー)の事例の一つ

 

「縦滑り窓」「横滑り窓」は上記のようなメリットと同時に、開放方向によって外付けブラインドやシェードと抵触してしまう場合がある、網戸が「引違窓」と逆になる、網戸が巻き上げタイプになる(壊れた時の修理が大変)ことがある、などのデメリットが存在します。

もちろん設計担当が考慮して窓についても提案してくれますが、「滑り出し窓」は単体で見た目が格好良いので(個人的には「引違窓+木製戸袋」の見た目が大好きです)お客様から「どうしても滑り出し窓にしたい」と言われるとそうせざるを得ない時もあります。上記のことをご理解しておいていただけると助かります。

アドバイザー:土谷