季節や気候の変化に

こんにちはアドバイザーの土谷です。

コロナウィルスの影響で卒業式やお花見、イベントの開催などが自粛されていることで、自然の変化は感じるものの、春の訪れには物足りない…そんな毎日です(とはいえ、日本のみならず世界での状況を考えると仕方がないのですが…)

 

暖かくなってきて雨が少し増えました。黄砂なのか火山灰なのか花粉なのか、車のフロントガラスには乗るたびにうっすらと何かが積もっています。これも季節の変化の一つと言えるかもしれません。

 

家づくりを進めていると、少しでも良い家にしようとする反面、見落としてしまうことがいくつもあります。見落としではなく、あくまで後回しかもしれませんが…

そんな中の1つが「自転車置き場」ではないかと思います。

外構工事の計画をする時、まず「カーポート」はすぐに思いつき、また予算も割り振ります。

バイクをお持ちの方は特に大事にされていることが多いので、ガレージなどの専用スペースを何とかされようとします。

一方で自転車(ロードバイクなど、趣味でお金をかけている方は別として)は濡れるとそれなりに傷むものなのに、意外と建物の完成時にサイクルポートなどを整備される方は少ない気がします。

カーポートの中に…と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、通常カーポートにはサイドパネルなどを設置せず、高さもあるので自転車を置くと、それなりに濡れる可能性もあります。

何より車と同時に停めるのはスペース的に無理な可能性が大です。

風対策が出来ていれば簡易的なものでも良いと思います。

 

建物の完成時期にもよりますが、仮に外構工事などの打合せを行っている時や、お引渡しが雨の時期だったらまた違ったことになっているかもしれません。「自転車置き場」に限らず、季節の変化を想定して(今回は降雨量の増加)生活の変化を思い描いて検討すべきことがあると思います。

頭の片隅にでも覚えておいていただけたら…