こんにちはアドバイザーの土谷です。

たまたま目に付いただけかもしれませんが、最近『メジロ』を

やたらと見かけます。車で走っていてもバイパスの中央分離帯

の街路樹にけつこうな数がいたり、普段見かけても1,2羽の

ところ10羽以上群れでいたりします。暖冬のせいでしょうか?

 

 

「合志市御代志の家」では室内の珪藻土塗りが終了して現在こ

んな感じです。

 

意外に思われるかもしれませんが、マンション暮らしの私から

見ていて羨ましいのが天井。「御代志の家」では傾斜天井を採

用していますが、リビング・ダイニング・和室それぞれで天井

高の設定を変えたり、傾斜天井にするというのは自分の家では

ありえないことです。(「無いものねだり」ってやつですね…)

 

そして「御代志の家」で「いいなぁ~」と思うのがリビングダイ

ニングの大きな壁。大型のテレビを設置してなお大きな面積が

自由に使えます。

 

最近の家づくりでは「玄関⇔リビングダイニング」という動線

が主になっています。そしてリビングダイニングから水廻りそ

の他への動線が確保されています。つまりリビングダイニング

にはそれなりの数のドアが存在します。明るさ、風通しを確保

し、バルコニーではなくウッドデッキ設けることが多くなって

いるために掃き出しのサッシもそれなりの大きさがあります。

その結果、リビングダイニングには思った以上に壁が少なく

なっていると思います。

 

最近ではあまり物を置かないお宅が増えていますが、それで

も何かと壁を活用することは多いと思います。何も置くのは

家具だけではありません、薪ストーブやペレットストーブな

ども基本的に壁を背にして設置するのが普通ですし、飾り棚

など住んでから「ああしたい」「こうしたい」ということは

あるはずです。なので一定量の壁は設けておいた方が無難で

はないかと思います。

 

もちろん構造的な強みも出てくるので、ドア、窓と壁を適度

なバランスで設定することが大事でですね。