ZEHについて     

こんにちは、アドバイザーの土谷です。隣の県ですが、大学生になるまではあまり熊本に

来たことがありませんでした。(今でも思いますが、とにかく交通の便が悪い… それも

「熊本が」ではなく、「大分のほうが陸の孤島」というのが正しいと思います)小学校の

修学旅行が阿蘇・熊本・大宰府だったのですが、(熊本は今はありませんが「火の国ラン

ドでした」)熱を出して休み(イベントに弱い体質みたいです…)まともに熊本に初めてき

たのが大学の前期試験の今頃、今から20年ちょっと前になります。火の国国体前だった

ので、道路状況も今とは大きく違い、お店なんかもかなり入れ替わりましたが、住み

やすさは相変わらずですね(夏の蒸し暑さ以外は…)

現在、大学受験のシーズンまっただ中ですね。各大学で試験の際の渋滞の注意看板が

設置されていて見るたびに「懐かしいな…」と当時を思い出します。受験生のみなさん

がんばってください。

 

前置きが長くなりましたが、来月着工予定の「南区八幡の家」では「ZEH」に取り組ん

でいます。

3240

 

「ZEH」というと人によってはすぐに「補助金」と結びつけてしまうかもしれませんが

本来の目的は「断熱」その他性能を向上させることで「省エネ」等につなげること。た

だ、現在は「ZEH」「ゼロエネ」等の補助金が制度として存在するのでできれば利用し

たいところ…

弊社でも「ZEH」基準の断熱性能を標準でクリアしていますが、補助金を受けられるか

どうかは実際のところ、別問題になってきます。補助金を受けるためには基準をクリア

した上で、さらにその中の評価ポイントが高い建物が補助金を受けられる対象になりま

す。(ZEHの取り扱いをしている環境共創イニシアチブのHPの5次・6次受付に関しても

かなり念を押されて書かれています…)

また「南区八幡の家」では補助金の交付決定通知書を受領していますが、申請した内容

に性能が満たない場合、事業完了日に間に合わなかったりした場合などには交付決定が

取り消されてしまいます。

逆の見方をすれば、それだけの基準をクリアした性能の家に住むことができるチャンス

とも言えますし、更に今は補助金つき!。29年度は28年度の125万円から75万円まで補

助金の額が下がるようですが、それでも補助金があるのはありがたいですし、実際には

補助金だけの話ではなく、光熱費などの削減にもつながっているため、取り組む価値の

ある内容です。

本来は国の方針として、自費でその性能数値を満たすことが求められるもののため、補

助金もいずれ無くなる制度です。ということは、補助金がある今が大チャ~ンス!なわ

けです。

ZEH、ゼロエネ等の詳しいお話を聞いてみたいという方は、是非ご相談下さい。