適度な狭さ…   

こんにちは、アドバイザーの土谷です。
先日、水汲みに吉無田高原へ行ってきたのですが、その途中のグリーンロードの入口に何やら看板
が…
俵山ルートが再開したことと、冬季の凍結のため全面通行止めになっていました。
地震発生直後から大変お世話になった道なので「いきなり通行止め!?」とちょっとびっくり…
更に、看板を眺めている私の横をすり抜けてバイクが南阿蘇に向けて走り去っていきました。
(一応通れることは通れるみたいです)
俵山ルートの再開(=復旧・復興が進んでいること)を実感し、時間の経過を感じたひと時でした…

s_5490524494439

話は変わりますが、
お客様とプランの打ち合わせを進めていると、どうしてもご夫婦の間で意見が分かれる場合があり
ます。夫婦・家族とはいえ人間ですし、それぞれの生活スタイルもありますし、仕方がないのです
が、どうしても意見が合わない場合は基本的にご主人に折れていただくのが円満(?)解決のコツ
ではないかと…

ただそうとばかり言っているとご主人の意見が全く通らない…となってしまうのでバランスをとる
ことが必要になってきます。基本的には奥さんに任せて、「ここは譲れない」というところは死守
する!という流れになることが多いのですが、よく対象になるのが「書斎」やっぱり自分だけの空
間(世界?)が欲しくなるみたいですね。
中でどんなことをされるのか(例えば仕事を持ち帰ってするなど)によって必要な広さは変わってき
ますが、最近「適度な狭さ」を求められる方が多いような気がします…
理由はいろいろあると思います。某CMで竹ノ内豊が言っていたように狭い空間を好む(CMの内容と
は逆です)男性ってけっこういる気がします。「部屋」と言えないくらいの広さなら奥様も許して
くれるのではないかという考えの方もいたりします。結果として「適度な狭さ」の書斎について
は2~3帖くらいでしょうか?

もし「書斎が欲しい」というご主人がいらっしゃったら、本格的な打ち合わせに入る前に、2~
3帖ほどの「適度な狭さ」の書斎の広さの感じを見学会などで体感されておくことをおススメし
ます。
ドラえもんの押し入れの寝床にも通ずるものがあるかもしれませんね…(笑)