柏手「パンッ!パンッ!」 

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

西日本にも寒気が入ってきて本格的に寒くなってきました。年末年始にゲレンデの雪が

少なかったため、滑りに行くのを断念した私にとっては「やっと…」の寒さですが普通は

「勘弁して…」の寒さですよね…

 

着工予定の物件の打合せや、準備を行っていますが、忘れてはいけないのが「地鎮祭」

お施主様のご予定と、六曜(お日柄はどんなか?)とが大事なのでカレンダーとにらめっこ

です…

地鎮祭に関しては私たちはいつも行っていることですが、お施主様にとってはおそらく一

生で一回だけのイベントではないかと思います(ご親族の地鎮祭等に出席されれば話は

別ですが…)

普通は「神事」ということにはあまり縁がないものですよね。「地鎮祭の時にどうしたらい

いのか?」「どんな格好をしたらいいのか?」などお施主様からいろいろなことを訊かれ

ます。

ちなみに、格好はお客様によってまちまちで、普段着の方、スーツ等でビシッと正装され

る方…特にきまりはないですが、記念撮影をすると思いますので、おかしくない格好で…

また、神事の最中の動作(所作?)については神主さんが教えてくれます。そんなに難しい

ことはありません。

また、依頼する神主さんによって準備するものが違う場合があります。

お施主様はお礼(初穂料、玉串料…)のみでよい場合、お供え物も用意しないといけない

場合など…要確認です。

 

そんな中、私がいつも「神主さんやっぱり上手…」と感心していることがあります。

それは…「柏手(かしわで)」

柏手

 

 

 

 

 

 

 

 

そうあの「パンッ!パンッ!」ってやつです。

何度やっても「ペシッ、ペシッ」と響かない私の柏手…

年末年始のお参りの時も、いつも水汲みに行く吉無田水源の小さなお社でもお参りして

そのつど柏手をうまく鳴らすことを意識して打つのですがやっぱり「ペシッ、ペシッ」と覇

気の無い音しか鳴りません…(今年は柏手ばかり気にして鈴(?)を鳴らすのを何度か忘

れました…)

神主さんにいつも地鎮祭の時に「うまく鳴らすには?」と訊くのですが「商売柄練習してま

すから…」という答えが返ってくるばかりです…

 

もしこれから地鎮祭を迎えられる方、「パンッ!パンッ!」と鳴り響くと「おぉ!格好いい!」

と周りが思ってくれる(かもしれません…)

ちょっと練習してみて下さい。