ありがとうございました。

おはようございます、アドバイザーの土谷です。

新年の仕事始めからおよそ1週間が経過しました。仕事始めの日からとにかく忙しい

1週間で、年末年始の休みとのギャップが大きく、少々疲れました…

仕事が忙しいのはいいことなので、幸先の良いスタートがきれたのかもしれません…

 

 

年末年始の帰省もあり、お客様にお土産を持っていったり、逆にお土産をいただいた

りする機会が多くなりました。(お土産で買って帰るものって自分では食べないので、実

際に美味しいのかどうかわからず、選ぶ時困りますね…)

お客様の地元のお土産をいただくと、普段食べる機会のないものをいただけるのでワ

クワクします。

 

そんな中、珍しいものをいただきました。

1171

 

 

 

 

 

 

 

セルロースとコットンでできた「北欧毎日布巾(ふきん)」です。

パッケージの裏側に説明書があり、1949年に開発されて以来、北欧で布巾といえば

『これ』らしいです…

速乾性にすぐれ、カビの心配もなく、ケバや拭きあとも残さず、『キュッ』と絞れて耐久性

もある優れモノ。

実際に使ってみましたが、普段使っている布巾とは確かに感触、速乾性などかなり違い

を感じます…

 

年末にご紹介した「珪藻土バスマット」など、自然素材を使った家庭用品が自分の知ら

ないところでけっこう流通しているようです。(何となくヨーロッパに源泉のあるものが多

いみたいですが…)

 

こういった商品は、住宅の場合は「健康」「快適」に繋がるものが多いのに対して、機能

的であったり、通常商品で問題になる点を解消してくれる特性をもったものであることが

多い気がします。

 

今後、建物に関してはもちろんのこと、こういうジャンルについても皆様にご紹介でき

ればいいですね。(フルサイズの東急ハンズがあったらもっと触れる機会も多くなるの

ですが…)

 

いただいた布巾大事に使わせていただきます。ありがとうございました。