「部屋」ではなく「建物全体」の温度設定の必要性…   

こんにちは、アドバイザーの土谷です。やっと季節にふさわしい寒さが

やってきた、という感じでしょうか?北海道は大変みたいですが、雪の

なかったスキー場の方は一安心でしょうか?

 

この季節になると暖房費が気になり始めます。ニュースでも、今月前

半の灯油の売り上げは例年の10分の1程だったのが、今週くらいから

例年のレベルに戻ってきていると伝えていました。

 

さて、光熱費もさることながら、暖房に関連して問題になるのが「ヒート

ショック」と風邪・インフルエンザなどの「ウィルス」について

今回は「ヒートショック」に関して触れてみたいと思います。

 

一般的に「ヒートショック」については「お風呂に入る時」に「暖かいところ

→寒いところ→(浴槽内の)暖かいところ」へ移動することで、血管が収縮

し、意識を失うもの、ですが、「ヒートショック」とは少し違うものの、「温度

変化」と「血圧の急激変化」によって、「脳梗塞」などが起こるのもこの季

節です。

 

後者に関しては、「暖かいところ→寒いところ」への移動によって生じる

もので、リビングなどの「暖かい部屋」から廊下など「寒い空間」に移動

したり、トイレなどで夜中起き出す時に、布団の中の「暖かい空間」から

布団の外の「寒い空間」に出た時に急激な血圧上昇が生じることで発生

します。

 

解決策としては提唱されているのが、「家全体を暖かくする」ということ。

また「温度差を小さくする」という考え方も大事ですね。

 

最近は2020年基準などで建物全体の断熱の度合いが上昇していて、

普段の室内温度はそれなりに保たれているものの、プランや仕様によって

はまだまだ不十分なところもあります。

 

温度設定そのものもそうですが、建物内の空気循環や、湿度調整などと

併せて、リビングダイニングや個室単位の暖房効率を重視するばかりで

なく、廊下等にも気を配ることも大事な視点です。

 

若い間は大きな問題にならなくても、住宅はずっと歳をとってからも住むもの

ですから、今若くてもいずれ直面する問題です。

「他人事」ではなく、「いずれ自分にも関係すること」として頭の片隅にでも置

いておいていただければ…