モノを捨てる(処分する)方法…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

 

最近、和室が無い住まいが増えてきているため、話をする機会が減りましたが、押入に

関する話題というか、生活の知恵をご紹介…

テーマは「モノを捨てる」です。(断・捨・離は少々概念が違うみたいですね…)

 

以前、まだマンションの営業マンだったころ、「収納セミナー」をモデルルームのイベント

として開催しました。そこで聞いた話ですが、以前よく見かけた「押入の天袋」(最近は

地袋設定して上段に枕棚の設定をすることがほとんど…)「一度モノを入れるとほとんど

それを出すことが無い」と言われてました…

 

天袋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「天袋のある押入」このパターン見かけなくなりましたね…

 

その特性を逆手にとったアイデアでしたが…

①あまり使わないモノを段ボールに入れる

②ガムテープで封をして、封をした日付をマジックで外に書く

③天袋に入れる

④1年経過して、一度も開けなかった場合、”そのまま開けずに”捨てる(衣類などは

フリマに出して再利用!)

 

以上…

”そのまま開けずに”というのがポイントで、開けてしまうとまたふりだしに戻ってしまう

ので「絶対開けてはダメ!」ということでした。(ここはセミナーでかなり念を押された

記憶があります)

 

天袋でなくても、普段あまり使わない収納スペースであれば代用は可能だと思います。

私の経験上、「収納が充実しているお宅ほどモノが溜まる」傾向にあるみたいです

特に『衣類』などに活用がそういう傾向にあります。

セミナー自体はかなり以前のモノですが、考え方は今でも通用するかなぁ~と思います。

 

他にも、子供の成長のスピードと子供服のサイズが一致しない時期ってありますよね。

(子供の成長が速すぎて、服があっという間に小さくなる…)

その時期の後輩の奥さんが「そのまま」ではなく、「つくり変えて」ネットに出品してました。

その後自分で作って販売してましたが…

 

とにかくいろいろと方法があります。

「モノが増えてしょうがない…」という方は参考にしてみて下さい。