住まい給付金について…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

先週は「寒の戻り」でしょうか?やたら寒い日がありましたが、今週からは週間天気予報(の気温)を見る限り、

「春の訪れ」を感じます…

 

住宅の取得に関して、昨年までは「木材利用ポイント」現在では「住まい給付金」や「エコポイント」などの補助金(!?)

申請が出来ますが、実際にお客様の代理で申請してみて「気を付けた方が良いな…」と思うことがあります。

 

「住宅ローン減税」に付随して、「確定申告」の手続きについてはかなり長い期間に制度があるため、窓口(申告会場

のスタッフの方々)の受け入れ体制が出来あがっているため、細かくチェックをしてくれる気がします。

一方で、先述の補助金の制度については制度が短期間で出たり、消えたりしているため、窓口も慣れていないことが

あるみたいです。

特に、先日「住まい給付金」の申請に窓口に行きましたが、申請そのものが少ないため(ちょっと収入条件が厳しい

ですね…)窓口の担当者も慣れていないようで、書類の量から考えても時間がかかりました。

営業マンの私が行ってそう感じたので、もっと慣れていないお客様自身が行かれたとしたら…大丈夫か?という感じ

です。

そういうわけで、もしお客様自身で申請に行かれる場合でも、営業マンにチェックしてもらった方がベターかと…

 

 

ちなみに、木材利用ポイントの申請で言われたのですが、郵送で申請して、書類に不備があった場合、戻ってくるまで

1ヶ月くらいかかることがあるかもしれない…と言われました。他の制度では違うかもしれませんが、郵送で申請できる

制度もいくつかありますが、『予算が無くなり次第締め切り』となっているものは、窓口に持ち込んで書類を窓口担当者

に確認してもらった方が無難です。

けっこうな金額に相当しますので、書類不備で帰ってくるまでに終了!では困ると思いますので…

 

せっかく利用出来る制度があるなら最大限活かすべきですから…