実際に作ってみました…

おはようございます、土谷です。

 

ちょっと前に「奥行きが無い方が良い」ものの話を書きました。

ちょっと我が家で最近、実際に試しにやってみたことがあるのでご紹介します。

 

我が家には「書籍」がけっこうな量あります。小説、漫画、雑誌、ジャンルも書籍のサイズも様々ですが

何度も読み返すためどうしても捨てられません…

今まではメタルラック(ミニ)の本棚バージョンのものを使用していましたが、書籍のサイズによっては無

駄なスペースがけっこう生じ、かなりの面積を占拠していました。(何より設置場所が部屋のそれなりの

場所を占拠してしまうので…)

 

「何とかならないものか…」と考えていたところ、たまたまホームセンターで見つけた、棚パーツを見て

組み合わせ次第で省スペースの本棚が作れる可能性が見えてきました。

 

ちなみに今回、有効利用したのは洋室のドアの裏スペース。

ブログ用①

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ドア枠と壁との間が15㎝ほどあります。

各部屋測ってみましたが、部屋ごとに設定が違いました。

通常は何も使えないスペースになります。(今まではスノボの板が立てかけてありました)

材料のサイズによって利用出来るスペースは変わってくると思います。

また、「何をそこに収めるか?」ということでもサイズは変える必要があります。

 

今回、「小説」と「コミックサイズのマンガ」を納める目的、また棚板としてパインの修正材の棚パーツ

を設定したため、奥行きがおよそ15cmに自動的に設定されました…

ブログ用②

 

 

 

 

 

 

 

で実際に出来て、設置してみたのがこれ…

ブログ用③

 

 

 

 

 

 

無駄な奥行きは一切ありません…(高さ的にもコミックの場合ピッタリ、小説だと若干の余裕くらい)

 

ちなみに、お金はそれなりにかかりました。支柱パーツ+棚板で1万円近くかかった気がします…

お金をかけたくない方にはオススメしません…

 

 

また、今回は一切塗装はしませんでしたが、リビングで同じようなパーツを組み合わせて飾り棚を

作成してますが、そちらはリビングの他の家具の色に合わせて白で塗装しました。

(色つきのパーツもあります)

 

棚板の間隔を大きく設定すれば、もっと大きなサイズも収められますが、棚板の奥行きが大きくな

ってしまうのと、無駄なスペースが生じるので、今回は「収めることが出来るものも制限される」こと

を覚悟で作成しています。

 

ちなみにドライバーと木ねじがあれば簡単に作れますが、奥行きがないため、安定性に欠けるので

支柱と床の接点部分はちょっと工夫が必要でした…

 

「子供の漫画が増えて困る…」「そういえばうちにもそんなスペースがある」という方、参考になれば

幸いです…