にこにこはっぱ

 

 

 

こんにちは、中村です★

今日もムシムシと暑いですねぇ(;´д`)

 

雨が降らないのは嬉しいですが

もっとカラッとしてほしいものです。

 

 

雨が降らない日は毎朝、会社の庭のお掃除が日課の中村。

いつもどおり箒で掃こうと地面を見た時でした!

 

こんなものを発見っ!!(p^-^)p~♪

 

 

 

 

 

 

キュイ━━━━.+゚*(о゚д゚о)*゚+━━━━ン☆!!!!

 

 

 

 

 

 

 

んもう、かわいすぎる(≧∇≦)!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

この表情の豊かさ!!

 

 

あまりにも可愛かったので

掃除が終わってからデスクに持ち帰っちゃいました(´ω`*)

 

 

 

それにしても、なんて芸術性の高い虫さんがいるんでしょうか!!笑

 

 

この口のカーブ具合といったらもう・ ・ ・!!

・ ・ ・ (笑)

 

 

すごいんだか、まぐれすぎるのか・・・

なんだか笑いが出てきます(笑)

 

 

どんより天気も吹っ飛ばす

朝からほっこりな出来事でした(*^Д^)

 

 

 

 

 

 

さて、先日のブログで

「焼き杉(ルームプレート)」をご紹介しましたが、

 

 

実は私、あれを初めてやった時

「えっ??」となったんです。

 

 

皆さんは何も思われませんでしたか(><)??

 

 

私が「???」となったこと。

 

 

それは杉が全部燃えなかったということでした。

 

 

 

 

 

普通「木」って「燃える」イメージがありませんか?

 

 

私の中では、火をつけたらボッと燃えて

炎が上がる予定だったんです(←あくまでも私のイメージ)

そう、紙を燃やすときみたいに!!

 

 

実際にやってみて、頭を整理したらた

「あぁそうか~。紙みたいに薄くないんだから当たり前か」

と納得はしたんですが。。。

 

 

(表面は)燃えるのに、(完全には)燃えない というのが

何か不思議~って思ったんですね。

 

 

で、少し調べてみると(私、気になると何でも調べる癖があります 笑)

 

 

 

木材は火炎にさらされてもすぐには着火せず

100℃までに水分が蒸発し、その後150℃くらいで表面が褐色に変色。

200℃くらいで木材の成分が熱分解されガスが発生(表面は炭化状態)

250℃をこえると、熱分解が急速に進み引火し、煙が発生。

 

と、この流れで木材は燃えるのだそうです。

 

 

 

私は 「木は火に弱くて、すぐ燃える」

という考えしかなかったのでびっくりでした!!

 

 

ということは、もし火災が起きた時も、

表面に炭化層を形成し酸素の供給を阻止するので、

(内層への熱を遮断して熱分解を抑制)

 

芯まで燃えつきるまでの時間が長いということ。

ですからたとえ、家財道具が駄目になったとしても

その間に人命救助ができます。

 

 

また木材は、燃えていく時にダイオキシンのような

非常に毒性の強い物質を生成しません。

 

これは木材の大きな長所ですね☆

 

 

 

家が「木造」というと、万が一火事になった時のことが

不安として上がっていましたが

これを知ってから(しかも焼き杉という遊び感覚から)

「木材」のすごさをより実感しました(*^o^*)!!

 

 

 

それに、チームよしやすの建てる家は

一級建築士の山野が3.5寸の柱ではなく4寸の柱を使用するなど、

構造にもかなりこだわってつくっておりますので

ほんと~に、安心して住んでいただけるお家です(*^o^*)♪♪

 

もちろん、4寸ということは断面も大きくなるわけですから

もし万が一!!火事になったとしても

芯まで燃え尽きる時間(倒壊)も長いというわけです(^^)☆

 

 

 

 

やっぱり自然素材、恐るべしですねっ(* '-^) ⌒☆

(これもある意味、自然素材のアート!)

うん!やっぱりかわいい+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚

 

 

 

ではでは今日はこの辺で^^