ハチドリのひとしずく

 

 

森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げていきました
でも クリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」

 

 

 

 

 

 

こんにちは、中村です。

突然すみませんでした(^^;)

 

 

 

 

 

今日は皆さんにご紹介したい本があって

上の文を書きました(*^-^*)

 

「ハチドリのひとしずく」

 

 

 

これは、南米のアンデス地方に昔から伝えられてきた話を

辻信一さんという方が翻訳した短いお話です。

 

 

 

 

そして驚くことに

上に書いた11行は、お話の一説ではなく

この本のすべてなんです!!!

 

 

 

たったこれだけの短い物語ですが

なんだか大きなメッセージが込められているように感じませんか(><)??

 

 

 

 

さて、なぜ今日わたしがこのお話を紹介したかというと

昨日の社長のブログ(自然素材のblog)に

クリキンディを思わせる内容があったからです。

 

 

 

 

 

※5月21日更新「大切なのは想い」より一部抜粋)↓↓↓

 

 

人の気付きがやがて二人、三人と広がって行く。

古川隊長をはじめ、全国の木質ペレット事業をやられている方々の

「想い」が確実に広がり始めています!

私を含め個人が出来ることはたかが知れていますが、

その小さな気付きが想いとなって

周りの人たちに伝わり、「変化」を起こす。

 

 

 

 

 

 

 

この文を見て、

これはまさしく「ハチドリのひとしずくだ!」と思いました。

 

 

 

 

社長が書いていた「ペレット」の活動も、

私たち(チームよしやす)が知ってもらいたい

「住の健康(オールアースや自然素材)」のことを伝えるこのブログも、

ハチドリのひとしずく かもしれません。

 

 

でも、ひとしずくがないと始まらないし、

きっといつか伝わる!変わる!と

わたしは信じています(*^-^*)♪♪

 

 

 

絵本はこどもの読み物ではありませんよぉ~('-^*)☆

 

 

きっと、わたしたち大人が

忘れかけていたことを

思い出させてくれますから(*^ワ^*)

 

 

 

 

 

さて、このお話はあの11文で終わっていますが

 

 

あの森は?

 

あの動物たちは?

 

どうなったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、この物語の続きは

あなた自身が描いていってください(* '-^) ⌒☆キラン

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

わぁお。

 

 

ちょっと終わり方が

カッコよすぎましたかね?(´,,・ω・,,`)笑