果樹

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

自宅マンションのバルコニーで育てている鉢植えの中に「種なしカボス」木があります。

実家の庭(家庭菜園)にも植わっていて、帰省から戻ってきてから知り合いにお裾分けすると焼酎に入れたり、お菓子を作る時に、「種なし」だとすごく使いやすいということで喜ばれます。

少し前に大分に帰省した時に購入して、育てているのですが、熊本でももちろんカボスの苗木は販売されていて「品種名」のタグはついているのですが「種ありor種なし」が記載されているのを見たことがありません。大分はカボスの本場だからかもしれませんね。

他の鉢でオリーブに木も育てていて、いずれお客様に庭木として差し上げるつもりなのですが、冷静に考えたら「種なし」は縁起が悪いかなぁ…と。本当に便利なんですけどね。

 

庭木に果樹を植えるのは実益もあって個人的にはオススメですが、一方で虫がつきやすかったり、実が落ちた時の処理が面倒だったり、結構大きくなってしまうものがあったりするのでもし植えられる時はよく選ぶようにしましょう。

 

 

 

「音」

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

梅雨の中休みの1日、早くも蝉が鳴いていました。中休みという言葉ではおさまらないくらいの晴れっぷりだったのでついついフライングして出てきてしまったのでしょう…

私が住んでいるマンションの向かいには、「周辺の緑がそこに集められている」と言っても良いくらい緑に溢れています。四季の移ろいを感じさせ、毎日の癒しにつながるありがたい存在なのですが、1点だけ難点があります。

それは「蝉がやたらと多い」こと。私が住んでいるマンションには当時の私のお客様が何件か住んでいらっしゃいます。購入当時に言われたのですが、「土谷さん、ここ買って良かった~」(それは良かった...)「でもね!」(えっ?)「蝉が!蝉が!」(あぁ…)ということが何度もあったことを覚えています…

 

我が家の前をちょうど川が流れていて、窓を開けていると「川の流れ」の音がします。また前述の緑に集まってくる(巣があるかもしれません)鳥の鳴き声が聞こえてきます。日中はそれなりに車や市電の音で気が付かないことも多々あるのですが、休日の早い時間など、交通量もまばらな頃はそういった「自然の音」が聞こえてきて心地よいものです。

「暖かさ」「涼しさ」「心地よさ(湿度)」「風の流れ」など家づくりの際に意識することですが、「音」という要素も大事かもしれませんね。

冒頭の「蝉」の鳴き声は私の場合は「暑さ」を感じさせられるものですが、人によっては「夏」という季節をかんじさせてくれるものかもしれません。

「蜩(ヒグラシ)」カナカナ蝉とも呼ばれます。私の中では「涼しさの象徴」のような存在です…

 

私個人としては蝉が全部「蜩(ヒグラシ)」だったら涼しさを感じさせてくれるのに…と思ってしまいます。

 

お伝えしたいこと…

こんにちはアドバイザーの土谷です。

先日、入居後見学にご協力いただいたお施主様がご案内したお客様からの「何故、吉安建設で建てられたんですか?」というご質問に「良いことばかりでなく、悪いことも話をしてくれたので…」と答えられていました。

吉安建設では自然素材を家づくりに採り入れていますが、調湿機能、肌触りなど多くのメリットとともに、コストなどデメリットも同時に存在します。このことは自然素材に限ったことではありません。

ホームページやパンフレットなどには当たり前ですが、通常「良いこと」は記載されていますが、「悪いこと」は記載されていないと思います。

ホームページやパンフレットだけでは伝えられないことをお伝えする…それが私のような営業マンの存在する意義なのだと思います。

それを実感させていただけた、お客様のありがたい一言でした…

身近な所に自然がいっぱいです…

こんにちはアドバイザーの土谷です。

4月が少し涼しかったので油断していましたが、5月に入ってぐっと日中の気温が高くなった気がします。

暑くなってくると、涼める場所を探したくなるものですが、新型コロナウィルスの影響で、プールなどは閉まっていますし、観光地にも出向けません。そこで身近な場所に目を向けてみました。

※ただし大雨が降ると左手の歩道は水没します…(笑)

 

身近過ぎて見落としていましたが、我が家の目の前を流れている川です。夏場には小さい子供から高校生くらいまで川に入って遊んでいます。川底からも水が湧いていてさすがに飲めはしませんが、遊ぶにはもってこいの場所です。

 

もう少ししたらホタルも飛び始めます…

市電の電停から徒歩1、2分の距離にこんな場所がある熊本。

熊本の自然の有り難味を再確認しました…

皆さんの身近な所にもこういった水辺の涼める場所があるはずです。

土いじりのススメ…

こんにちはアドバイザーの土谷です。

不要不急の外出は自粛ということもあり、家庭菜園やガーデニング等で休日を過ごされた方も多いのではと思います。

ホームセンター等のグリーン売り場では種や苗を買い求める方々を多く見かけました。

先日、点検のためお引渡しさせていただいて5年経過したお施主様のところにおうかがいする機会がありました。

建物はもちろんなのですが、お庭で家庭菜園づくりを楽しんでいただいているご様子でした。

以前も書いたかもしれませんが、個人的に「せっかく新居を建てていただいたからには、旅行など外に出ていくよりも、新居での生活を楽しんでいただきたい」もっと言えば「新居を遊び倒して欲しい」というくらいの気持ちでいるので、お施主様とお子様が一緒に土いじりする姿を見てほっこりさせられました。

気候や土壌の影響もあると思いますが、家庭菜園で他ではあまり手に入らないものを育ててみるのも面白いかもしれません。

私の実家では落花生を育てていますが、夏に収穫してすぐに塩茹でにします。

(大量に塩茹でして後は冷凍庫で保存のため、冷蔵庫とは別に単体の冷凍庫があります)

落花生自体は珍しいものではないかもしれませんが、皆さんが目にされるのは乾燥したものがほとんどではないかと思います。

落花生は足が早いので生のものを塩茹でして食べることの出来きるのは、運よく生のものを購入できる方以外は収穫する人のみです。

 

ビール好きの方には本当におススメの一品なので、「ビール好き」で「家庭菜園をされている」方は是非お試し下さい!

お水

こんにちはアドバイザーの土谷です。

月に一回ほど吉無田水源へ水汲みに行っています。

地下水の関係で熊本では水道水でも問題ないと思いますが、気持ちの問題なのか、汲んできた水で洗い、炊いたご飯は美味しい!(プラシーボ効果120%かもしれませんが、以前我が家にご飯を食べに来た後輩たちが「ご飯が美味しい!」といって炊いていた分+冷凍保存していた分まで食べ尽くしていったことがあります…)

 

熊本は様々なところで湧き水を汲むことができます。

場所をとりますが非常用の飲み水として利用できます。

我が家では、熊本地震の際に保管していた水が大いに役にたちました。

保管しない場合でも、自宅から近い水汲み場は把握しておいたほうが便利です(水が湧いていても、飲用には適さないところもあるので)

何かで読んだ記憶があるのですが、お米はその栽培された土地の水源のお水で炊くとより美味しいのだとか。

我が家は基本「森のくまさん」なのですが、一度「吉無田水源米」を試してみたいと思っています。水汲みに行く時に近くで購入しようとするのですが、いつもお店が閉まっているんですよね…

お米は毎日のように食べるものです。少しでも美味しくする方法があるなら、追及する価値があると思うのですがいかがでしょうか?

 

新型コロナウィルスの影響で外出もままならない状況だと思います。

ただ家の中でずっと過ごしていると息が詰まってしまうという方も多いでしょう。

上記の吉無田水源やその周辺(阿蘇外輪山など)は普段から人も少なく、自然も豊かで、敢えて出かけるならもってこいの場所かもしれません。(ただ出来る限り不要不急の外出は避けましょう)少し高地になるので肌寒いあもしれません。

寒さ対策は十分にお願いします。

 

 

下地チェッカー

こんにちはアドバイザーの土谷です。

新型コロナウィルスの影響で、大型連休の外出もままならないかと思いますが、こんな時こそ普段は出来ないことにチャレンジしてしてみませんか?ということで自宅でのDIYに関することを…

 

DIYといってもピンからキリまであります。簡単なものとしてちょっとした飾り棚をつけてみたり、壁に飾っているものを交換したりするということもあります。

そういった飾り棚の取り付けにチャレンジされたお施主様からよくご連絡いただくことがあります。

内容は「〇〇を壁に取り付けたいのですが取付られますか?」とか「下地って何処に入っていますか?」といったもの。

上棟の際に壁の下地補強の打合せを行いますが、意外と飾り棚などを取り付けたいと思われる場所は上棟時のお打合せの際には意図しなかった場所が多いようです。

また補強した箇所を図示した図面をお渡ししていますが、図面を何処に置いたのか分からなくなってしまう場合もあり、ご連絡をいただくことがよくあります。

営業ですが、基本的にお客様の窓口となる立場なので出来るだけの対応が出来るようにしています。

その準備?の一つが「下地チェッカー」です。

下地補強をしていない箇所でも、柱・間柱がある所のはビスを打ち込むことが可能です。

しかし、範囲は限定されていて、お客様の飾り棚などを設置したい場所が微妙なこともあるので上記のご相談があった時は持っていくようにしています。

使い方は簡単で、壁に刺すだけ。中から針が出てきて下地がある時は途中で止まります。

そうそう使うものではないですが、飾り棚など壁をいろいろいじりたいという方は持っておいて損はしないかもしれません。ホームセンターで購入可能なアイテムなので、頭の片隅においておいていただければ…

扉(開き戸限定)の活用

こんにちはアドバイザーの土谷です。

新型コロナウィルスの影響が様々なところに現れてきています。身近なところではセブンイレブンのレジにビニールカーテン(?)が設置されました。

休校やマスク不足などの一方で、実感が湧かない部分がまだある気がします。自分たちに出来ることはうがい、手洗いなど限られていますが、逆にその限られたことをきっちりすることが大事です。

ちょっとしたことを大事にする、何事にも通じることですね。

 

自宅でそれなりの頻度で使うのに、収納(場所)に困るのが掃除機、それ以外ではフローリングワイパー、箒などの所謂「長物」ではないでしょうか?(もちろん伸縮式のものもあり一概には言えませんが…)

掃除機については以前書きましたが、他の「長物」に関しては長さはあるもののそれほどスペースをとるものではありません。

壁にかけるという手もありますが、活用して欲しいのが収納などの扉の裏。

折戸の場合は難しいかもしれませんが開き戸の場合、少しスペースがあるので固定フックなどをつければ、箒やフローリングワイパーなどの収納場所としてはもってこいの場所になります。

同様に収納の扉に裏を活用しやすいのが、ネクタイやベルトなど細々と、ただ数が多くなってしまうもの。

我が家ではもともとネクタイハンガーなどでスーツなどと一緒にかけていましたが、スーツなどに影に隠れてしまったりしてゴチャゴチャしていました。

そこでクローゼットの扉の裏にパイプを設置して掛けるように手を加えてみました。全てのネクタイが並んで見やすく、散らかりにくく便利です。(ハンガーパイプにかけると少々奥まった位置になり、使いにくい…)

ネクタイ用のフックは以前使っていた無印商品のものを流用しています。

 

開き戸に限定されてしまいますが、うまく活用するとスッキリ整理整頓につながります。

ご参考になれば…

チャレンジ!

こんにちはアドバイザーの土谷です。

10年くらい前の話ですが、以前に勤めていた会社を辞める時に餞別の品として、包丁とフライパンをいただいて今でも愛用しています。(自分で買うと髙い商品には躊躇するので非常にありがたかったですね)

「何故に包丁とフライパン?」と思われるかもしれませんが、料理が好きでよく自宅で飲み会を開催していたので「料理好き」と「また飲み会しようぜ!」の気持ちを込めてだったそうです(笑)

 

住宅を取得する前は、料理は好きだったもののイマイチ楽しめていなかった気がしますが、取得後は様々な料理に挑戦したり、飲み会を開催したり(甚平と頭にタオルのスタイルであだ名は「大将!」でした…)と「我が家のキッチン」という意識が出来たためか、楽しんでいます。

住宅を取得して15年くらい経ちましたが、私の場合、仕事を忘れる気晴らしにもなります。

男性の皆さん「家を建てたらやってみたいこと」のリストに「料理」加えてみませんか?家族孝行にもなっていいですよ。

 

植えてみました!

こんにちはアドバイザーの土谷です。

暖かくなってきたので落花生の種を蒔いてみました。マンションなのでプランターですが、かなり大きめのプランターにしたので大丈夫かな…昨年は修繕工事のためバルコニーが使えず断念しましたが、今年こそは収穫にこぎつけたいと思います。

お酒は飲みませんが、「塩ゆで落花生」を目指して頑張って育てていきたいと思います。

もちろん「食べる」ものだけでなく「観て楽しむ」植物も植えてます…(笑)

 

マンション暮らしですが「DIY」「料理」「ガーデニング」など自宅を「遊び倒して」います。

「これが一戸建てだったら…」と思うこともありますが、当時の状況ではマンション一択だったので仕方が無いですが、やはりとことんやるなら一戸建ての方がいろいろな意味で幅が広がりますよね。

住んで15年ほどですが、やりたいことはまだまだいっぱいです!