自然に寄り添う暮らし

秋の心地よい季節になりました。

室内に外の空気を取り込むとリセットされるようで気持ちいいです。

建物を計画するときに、空気の流れを考えて窓の位置を決められるといいですね。

 

 

また、気密を気にされているお客様がいらっしゃいます。

お話を聞かせていただくと実は寒がりなんですということがよくあります。

昔の家は夏を基準に建てていたため、隙間風で冬は室内なのに寒いということがありました。

寒い季節は外気を取り込まないことと、太陽の熱をしっかり取り込むことが重要です。

玄関を開けたときの冷気がリビングに流入するとせっかく暖かくなった室温が一気に冷え込みます。

このように、寒くなる理由を回避しながらパッシブデザインを取り入れていきたいと考えています。

パッシブとは受動的という意味があり、対義語はアクティブ(能動的)です。

自然エネルギーを受け快適な空間をつくり、機械エネルギーを積極的に使わない住まいづくり提案しています。

 

設計 緒方