構造計算

こんにちは。設計の緒方です。

住宅の耐震性能のを表す基準として「耐震等級」があります。

「耐震等級」は等級1から等級3までの3段階で表示されます。

建築基準法で定められる基準を1等級とし、2等級がその1.25倍、

3等級が1.5倍の地震に対する倒壊、崩壊のしにくさを表しています。

 

長期優良住宅の認定申請の際には構造計算書を添付しています。

住宅1棟分の構造計算書です。400頁もあります!

 

吉安建設では耐震等級3を推奨しており、

パッシブデザイン・自然素材・オールアースだけではなく

構造の面でも安心して過ごしていただける住まいづくりをしています。