完成見学会イベント終了しました!

北区M様邸での完成見学会を開催しました。

 

外部からの講師もお招きしての私たちにとって過去最大級のイベントであり、ただただあたふたとするばかりでご来場の皆様に十分な対応ができなかったことをお詫びします。

 

M様のご厚意により、もうしばらくの間、完成したお住まいをお見せすることができます!

こちらは完全予約制にはなりますが、個別にじっくりと対応できますので、お気軽にお申し込みください。

自然素材の素晴らしさ、本当の意味での安心な住まいを感じていただけます!

 

 

初日は、住まいの電磁波対策における日本での第一人者、土田直樹さんにお話をしていただきました。

参加された皆さんとても熱心に聞いておられ、質疑・応答が飛び交うセミナーでした。

 

漠然と「電磁波は身体に悪い」というアイディアは皆さんお持ちです。

でも、具体的に何をどうすればどういった影響があるのかをわかっている人はまずいないでしょう。

土田さんが一つ一つわかりやすく説明をすることで、皆さん納得され、大変満足されてました!

オールアースの技術は、仕組み上新築もしくはリフォームの時に導入するものですが、今現在の住まいでもちょっとした工夫で電磁波の身体への影響を軽減できるものもあります。

今後、お住まいの電磁波測定もやっていきますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

初日の雨とはうって変わって、二日目はとても暑い一日になりました。

珪藻土を専門で塗っている伊藤辰哉さんをお招きしての塗り壁体験会。

伊藤さんは全国から指名を受けて仕事をされている、言わばカリスマ的な左官さんです。

この伊藤さん、コテを握ると人が変わります。

普段は・・・

ノーコメントで(笑)

 

 

伊藤さんのお手本です。

 

 

 

うーん、素晴らしい・・・!?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから体験会の様子です。

すごく熱心に塗られてました。

ご自宅をご自分で塗ってみたいとのこと。

 

 

 

 

お子様たちも!(^ω^)

 

 

 

この女の子にはセンスを感じます(゚д゚)!

 

 

こういった体験ってなかなかできませんよね?

皆さんすごく喜んでいただきました(^O^)

これからも企画していきますので、興味のある方はお声かけを!

 

 

 

 

 

 

会場入口のミニミニ・ペレットステーション(笑)

流石によく晴れた二日目にはストーブはオブジェと化してましたが、初日は雨の中終日燃えてました(笑)

 

きりんさんではピザとスープを作りました!

とにかく暑い!

このブースを担当した中村には申し訳ない・・・(;・∀・)

ですが、嬉しいことにペレットストーブを見に来てくれた方もいたんです!!

実際に動いてるストーブを見れたことを喜んでいただきました!

 

私たちがペレットストーブをおすすめするのには理由があります。

簡単に言うと、地産地消、環境保護、雇用創出によって地域の活性化に一役買うことができると確信しているからです。

これからも木質ペレットを世に広めるために、夏でもストーブを焚いていきます(笑)

スタッフ、ごめんなさいm(_ _)m

でもやるよ(笑)

 

 

 

 

別のブースでは、木の枝を使ってのおもちゃ作りをやりました。

期待通り!!お子さんたちには大好評ヽ(*´∀`)ノ

このおもちゃ、福岡県の豊前市にあるNPO法人森の学校の商品なんですが、森の間伐材を使って、こういったおもちゃのパーツや小物、木質ペレットなどを作っています。

積極的に障害者の方を雇用して、木を使った素晴らしい小物やおもちゃを作っている団体さんです。

最近では、東急ハンズにたくさん納品されてるみたいです。

ちなみに私たちが取り扱う木質ペレット燃料は森の学校さんの商品です。

素晴らしい想いを持って活動されてます。

ペレットを購入したい方はお申し付けください。

また、こういったおもちゃや小物に興味がある方は是非「森の学校」HPを見てみてください!

http://www.geocities.jp/momijigakusyamorinogakkou/hyoushiao.htm

 

 

 

 

 

以上、長くなってしまいましたが大盛況の中イベントを終えることができました。

新しく出会った方々とお話をする中で、自然素材の凄さ、木の素晴らしさなどスタッフ一同再確認したイベントだったと思います。

これからも同じ想いを共有していただける方々と、楽しく家づくりをやっていけたら・・・と思います。

 

最後に、ご来場いただいた皆さん、株式会社レジナ土田直樹社長、ハウスコーポレーション伊藤辰哉さん、関係者各位、ありがとうございました!

感謝!!

 

 

株式会社吉安建設 代表取締役 吉安孝章

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社内検査(最終)

アップが遅くなりましたが、今月の5日に社内検査でした。

 

お客様にお引渡しする直前の最終確認です。

家が出来るまでには、数多くの業者さんが仕事をします。

それぞれの持ち場で、一所懸命に仕事をやるわけですが、人間がすることなので見落としもあったりします。

ですから、お引渡しの前には各業者の代表者たちが集い、自分の持ち場以外のことも第三者の目でいい意味での粗探しをするわけです。

皆さんどなたもプロですから、指摘があれば即座に対応してくれます。

 

今回のM様邸、弊社設計管理課長の上杉によると、指摘事項も少なく、皆さんとても綺麗な仕事をされていました(´∀`)

 

 

 

今回の現場で協力いただいた業者さんを少し紹介します。

橘電気工事店様、つちもとハウジング様、ファミリー防水様、出田実業様、バウビオジャパン様、ホームコア様、加根又本店様、落合塗装様(本日参加者のみ)。

 

自然素材を多用する家づくりでは、一般的な住宅にくらべると手間暇がかかります。

そんな中でも、弊社の家づくりへの想いに賛同頂き、いつも最大限の協力を頂けることを感謝します。

 

株式会社吉安建設  代表取締役 吉安 孝章

オールアース最終検査

 

 

今日は北区M様邸のオールアースの最終(引渡前)検査でした。

 

 

中間検査を問題なくパスしたので大丈夫なはず!とは思いながらも、

実は、希なケースですが、アースが取れてないことがあるみたいなんです。

 

その場合は当然、原因を突き止め手直しをするわけですが、せっかくはった壁を、また剥いでやり直しということも(>_<)

電磁波は目に見えないものなので、この最終検査が大変重要になってきます。

建てる側も住まれるご家族も、みんなが大丈夫と信じて疑わない家が、実は何の対策も出来てない!

なんてことがあったらこわいですよね。

ですからお引渡し直前にお施主様立会いのもとで検査をするんです。

実際に測定をしながら、数値を確認してもらいます。

目に見えない電磁波ですが、目に見える化(数値化)することで安心へと繋がります。

 

壁:1v/m

世界で一番厳しいスウェーデンの基準値が25v/m。

通常6~8v/mが多い中、1とは(゚д゚)!

雨で地面が濡れているとアースがよく効くようです。

前述した最終検査で数値が落ちない原因の一つに、外構工事の際に誤ってアースを引き抜いたり、アース線を切断したりすることが希にあるようですが、今回の検査で確実にアースが効いていることがわかりました!!

 

 

床:2v/m

こちらもアース効きまくり状態(笑)

 

 

 

 

 

 

お施主様にも大変喜んで頂いている素敵な家ですが、今月15日と16日のイベントで、ご覧になっていただけます。

自然素材の心地よさと電磁波フリーな空間をご体感ください!

 

 

M様ご夫婦、立ち会っていただきありがとうございました!

無邪気な笑顔で走り回るお子さんの姿が印象的でした(*´∀`)

新しいおうちを気に入ってくれたかな??

 

 

 

 

 

 

内装工事②

M様邸では、1階の壁・天井はカルクウォールを採用しています。

 

 

 

下地材を塗っている様子。

仕上げ材が下地に吸われてマダラにならないように処理をします。

 

 

 

仕上げ材(カルクウォール)を塗り終えたところ。

とても白く、すごく部屋が明るく感じます(´∀`*)

↑ 写真の欄間部分には奥様チョイスのステンドグラスが入ります!

完成が楽しみです♪

 

 

アップで見たらこんな感じ。

 

奥様の強い希望でカルクウォールを塗りましたが、イメージ通りになったでしょうか??

 

内装工事①

2階居室は紙と木からできた壁紙「オガファーザー」をはります。

 

 

 

 

『オガファーザー』は、厳選された再生紙と木材チップという、 自然素材からなっていますので、壁紙自体が呼吸し、湿気がこもらずカビなどの 原因である結露も防いでくれます。

また、汚れた時も剥がさずに塗り替え可能で、メンテナンスが簡単です。

オガファーザー壁紙の上からチョークを主成分としたリボス自然塗料『デュブロン』で簡単に塗り替えが可能です。

長いあいだ張替えの必要が無く、ゴミを出さないといった点でもエコな素材です!

 

 

 

 

今回はデュブロンでの塗装はしません。

お子様が大きくなってからご家族で塗るのも楽しいかもしれませんね♪

 

足場解体前検査

まもなく足場を撤去します。

その前に、足場を必要とする業者さん全てで解体前の検査を行います。

 

みんな、いつになく真剣な表情・・・。

 

自分の持ち場だけではなく、他の業者さんの仕上がりもみんなで確認。

足場が無くなってからではもうどうにもならないので、とても大切な検査です。

 

立ち会ってくれた業者の方々、いつもご協力ありがとうございます!!

外壁工事

久しぶりのアップです。

 

 

外壁も張り終わり、週末にも足場が外れます。

 

今回はガルバリウムサイディング。

通常の窯業系サイディングと比べると、塗装が剥がれて劣化することが少ない外壁材です。

ガルバリウムとは、55%アルミ・亜鉛合金メッキ鋼板のこと。

メンテナンスのことを考えると、普通のサイディングより費用が少なくて済むことがメリットです。

逆に、デメリットは初期コストが割高なこととボールなどがあたると凹むこと。

「壁当て」などのボール遊びは厳禁です。(笑)

ご理解の上、採用されますように!

 

構造見学会

北区M様邸で構造見学会を行いました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました(_ _)

それぞれの方とじっくりとお話をさせていただきました!

実験もやりましたが、皆さん「おーーーーっ( ゚Д゚)!」と驚かれた様子。

最後には「じゃあ吉安さんに頼むよ!!」とまで言っていただきました(//∇//)

色々と他の見学会などにも足を運んで頂き、そのあとで戻ってきて下さるのであれば、

喜んで最高の家づくりのお手伝いをさせていただきます!!

ゆっくり、楽しくやっていきましょう(´∀`)

 

 

調湿実験。

珪藻土の吸湿力を実際に見てもらうための実験です。

 

電磁波実験。

通常の住宅で発生している電磁波とオールアース住宅の電磁波の量を

実際に測定器を使って確認していただく実験です。

 

 

どちらも驚く内容で、

「知らなかった・・・。」

と、皆さんおっしゃってました。

 

小さなお子さん連れの方が多かったこともあり、健康への意識の高い方ばかりでした。

 

家づくりの参考にしていただけると嬉しいです(#^.^#)

オールアース中間検査

壁にボードを張る前にオールアースの中間検査です。

家中に電気を流して電磁波がカット出来ているかの確認をします。

ここでしっかりと対策がとれていないと、後で工事のやり直しになってしまいます。

ドキドキする瞬間です!

 

レジナ土田社長による開会(?)の辞。

 

電気が流れている状態で、まだ対策を施す前。

数値は400V/m。

ちなみにオールアース基準(スウェーデン基準同値)は25V/m。

16倍の数値です(゚д゚)!

これが通常の住宅と同じ状態です。

 

実は電磁波を発する床の上に立つ人間にも電磁波は伝播します。

スタッフ中村の腕で320V/m!!

 

 

ここで電気工事橘さん登場!!

アース線を接続します。

 

 

数値は一気に落ちて3V/m!!!

 

 

壁も4V/mまで落ちています!!

 

世界一厳しいスウェーデンの基準値をもはるかに下回る結果。

素晴らしい!!!

 

 

これらの測定結果は記録して、完成時にある最終検査の結果と共にオーナー様にお渡しします。

これでM様のご家族も安心して暮らせます。

 

 

 

最後に現場の前で記念撮影。

土田社長、毎度毎度千葉から足を運んで頂きありがとうございます!

これからも、熊本で一番住む人の健康を考える工務店を目指して頑張ります!!

 

追記;一部画像が汚いことをお許し下さいm(_ _)m

オールアース施工

現場ではいよいよオールアースの施工です!

 

 

まずは2階床に導電性の特殊シートを張ります。

屋内配線の大部分は1階と2階の間、つまり2階の床下に張り巡らされています。

この配線から出る電磁波をカットすることが目的です。

 

 

 

 

先に張った床のシートと繋がるように、適当な重なりをとり、壁に張っていきます。

今回は高さを1mで設定。

子供部屋の机やベッドなどは、大体高さ1m以下で収まってしまうからです。

 

シート張り完了。

 

 

 

 

電気屋さんによるコンセント周りの処理。

 

これらの特殊シートを連結させてアースを取ればオールアース住宅の完成(^ω^)

 

 

 

今回、M様邸の電気工事を担当してくれる橘さん。

丁寧・親切な仕事に感謝!

 

 

 

 

明日は、㈱レジナの土田社長に来熊してもらっての中間検査!

問題なく正しく施工が出来ているかの検査です。

自信はあるけど、やっぱり検査はドキドキです((o(б_б;)o))