冷蔵庫は何処に?

熊本では桜がほぼ散ってしまいました。これから雨の降る季節は春から夏へ移っていきます。

気が早い話かもしれませんが、夏の蒸し暑さをいかに過ごすか?熊本で生活するにあたって一番考えないといけなければならないことではないでしょうか?(冬の寒さの方が大変!という方もいらっしゃいますが…)

 

家づくりを進めていく上でプランニングは楽しい反面、いろいろと考えなければならず、頭を悩ませることでもあります。

プランニングはもちろんお客様ごとで違うのは当たり前ですが、基本的な確認事項というものがあります。

2階建ての建物であれば階段の位置をどうするか?(LDKを経由するかどうか)洗濯物を何処に干すか?など…

(プランニングに際しては基本的なことなので、確認されると思いますが…)

 

意外と重要で家庭ごとで考え方が違ってくるのが「冷蔵庫の配置」

キッチンの中でもリビングダイニングに近いところ…というパターンが多いと思いますが、「出来るだけ生活感を見せたくない」という考えからパントリー内に設定するケースが最近増えてきていますし、キッチンバックと一緒にドアで隠すケースも見かけます。

「キッチンで料理する際に使い易いところに配置する」ということが大前提だと思いますが、「リビングダイニングから飲み物(大抵の場合、ビールですね。特にこれから暑くなると…)を取りに行き易く」、更にその際に「キッチンで作業している人の邪魔にならないところ」と考えると、「キッチンの入口側」となり、先述のパントリー内などとは真逆の配置になってしまいます。

「食事のスタイル」や「生活スタイル」「来客の頻度」などで優先順位は変わってくると思いますが配置を間違えると、小さなストレスかもしれませんが、毎日重なることで後で後悔することになるのできちんと検討する必要があります。

(配置だけでなく、冷蔵庫の前の広さ、ドアの開閉方向、周囲の色との合わせなど考えることは結構あります)

 

「冷蔵庫の配置」に関わらず、プランニングに際してきちんと前もって確認しておくべきことはいくつもありますが、その前提として「どんな生活を送りたいか?」「何を優先したいか?」ということがお客様自身の中で決まっていなければ、基本の確認事項も決まらないと思います。

「●●帖のリビングにしたい」などの細かな希望の前に、まずは大前提となることを決めるようにして下さい。

 

(当たり前のことで、以前も書いたことがあるかもしれませんが、偶々お客様と話題にあがったので書いてみました…)

 

アドバイザー:土谷