在宅ワーク  

新型コロナウィルスの影響で「在宅ワーク」が一般的なものになりつつあります

年末に参考になればと読んだ中の一冊に『「自宅オフィス」のととのえ方』という本がありました。

「withコロナ」だけでなく、「afterコロナ」においても一般的になってくる可能性のある「在宅ワーク」(これもnew normalというやつですね)

外からの視点ではなく、実際に「在宅ワーク」に取り組んでいる方の視点で、かつ「一つの絶対的な正解」ではなく「人それぞれの回答」に基づく内容なので、「在宅ワーク」と「家づくり」の両方を考えなければならないという方には参考になる一冊ではないかと思います。

本の内容自体は、「既に形成された空間を在宅ワークのスペースに変える」という考え方に立つものですが、家づくりの段階からその視点を組み込んでおいて損はないと思います。(本の内容量的にも比較的読みやすいと感じました)

 

1冊の内容全てが参考になるわけではないと思いますが、1冊から少しずつ、それを何冊も積み重ねるとなかなか侮れない量の情報(アイデア)量になります。

 

個人的な感想ですが、書店で「家事」や「片づけ」などのコーナーに置かれているものの方が、「住宅」コーナーに置かれているものよりも面白い(=参考になる)気がします。

皆様のご参考になれば…

 

アドバイザー:土谷