外付けブラインド

こんにちは!林田です。

 

先日は以前お伝えした「八幡の家」の残工事、外付けブラインドの取付に行ってきました。

今回採用させて頂いたのはドイツ生まれの「ヴァレーマ」です。

 

最近では「高断熱住宅」という言葉を良く聞きますが、断熱・遮熱において一番大切なのは窓です。

いくら性能の高い断熱材を使用しても窓からの日射遮蔽ができなければ意味がありません。

(むしろ断熱性能の高い家で日射遮蔽できていなければ夏は暑すぎるかも。)

吉安建設の設計では、軒を出すことを推奨していますが、西日は軒を出すだけでは遮蔽できないことが多いです。

しかし外付けブラインドは、日射エネルギーを80%カットしながら通風もできます。窓の外で遮蔽することが重要です。

 

外観のデザインもかっこ良いです。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

 

太陽を遮り、風の道をつくり、眺望を楽しむ。

西側の窓は小さくなりがちだったりデメリットが多いですが、対策をしっかり行うことで、

景色や風通しを得ることができます。

今後のお客様にもご提案していきます!