我が家の建築ストーリー 

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

季節の変わり目で、天気予報を見ていると「桜の開花予想」だったり、

「お花見日和は何時か?」という話題が多くなってきました。

この時期になると毎年、「桜って3月で、卒業式シーズンだったかなぁ?

4月で入学式のシーズンじゃなかったっけ…」と考えてしまいますが、い

かがでしょうか?

 

 

雨が降り、一降りごとに少しずつ暖かくなる、そんな季節ですが梅雨の

ように大きく工程を狂わすほどの雨ではない(と思います…)ので、先日

着工した八景水谷の家も、基礎のコンクリート打設まで終了…

順調です!

1447

 

 

 

 

 

 

 

 

建て方前のこの時期、お客様が現場をご覧になられると、多くのお客様

が「ちっちゃ(小さい)!」「せま(狭い)!」と思われるようですが、どういう

建物か?によって違ってきます。

総2階建の場合はどうしても上記の言葉が出てもしょうがない広さに見え

ると思いますが、平屋だったり、2階建てでも1階面積が大きい場合はそ

の限りではありません。(実際は総2階建でもちゃんと広さはあります!)

ただ、私の立場からは、それから建物が建ちあがって、そんなに狭く感

じなくなり、自分の建物の実感がわいてくる、そんな変化も楽しんでいた

だきたい…

建築の流れを映画(DVD)のようにチャプター分けすると、次は建て方、

そして上棟式といったところ。

お施主様ごとの、自分たちだけの『我が家の建築ストーリー』

それぞれのチャプターでそれぞれ違った感動、楽しみがあると思います。

お楽しみ下さい…