山鹿の家、祝上棟!

こんにちは、アドバイザーの甲斐です。

私事ではありますが、先々週母が他界しまして、休暇をいただいておりました。

お打合せ中のお客様方には大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

 

いろいろとありましたが、”山鹿の家”では、無事上棟式を迎える事ができました。

こちらのお施主様も、いえづくりに関して色々と悩んでいらっしゃった頃、

私たちにご相談をいただきました。

上棟式では涙こそこらえましたが、内心 ”プルプル”しながら挨拶させていただき

感動をおさえながら式を無事終える事ができました。

U様! 上棟、誠におめでとうございます。

 

 

そもそも上棟式とは?

建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了した事に感謝し、無事、建物が完成する事を

祈願する儀式の事をいいます。

地域によって違いますが、五色の旗を揚げ、棟から清酒を流したり、餅を投げたり、金を投げたり

するところもあるようですね。

(現在の上棟式は「儀式」というよりも施主が職人さんをもてなす「お祝い」の意味が強くなっており

略式でされる方が多くなってます)

CIMG6767

 

 

 

 

 

大変おいしいおふるまいも頂きましてありがとうございました。

頂いたのは、地元でも有名なお寿司屋さん”久吾寿司”のおべんとうでした。

(山鹿でお食事の際は、一度食べてみてください(^_^) おいしいですよ!)

 

U様、今後ともよろしくお願い致します。