基礎の高さを決めるには。。。

アドバイザーの 甲斐です。

 

今週は熱い日が続きました。週初めの桜は満開になっていましたね。

私も、地元青壮年部で毎年花見をしていますので参加してきたのですが

そこにはおいしい料理とおいしいお酒があり、さらには桜もあってと調子に乗ってしまいました。

しかし楽しいお酒はいいものですね!!

お酒が進むのはいいのですが、お酒に飲まれないように気を付けたいものです(^_^;)

 

 

山鹿の家は、基礎工事に入っています。

写真 2015-03-29 13 07 01

 

ここで重要なのは、基礎の高さと地面(庭や駐車場など)の高さをどう設定するかです。

ポイントは、雨水の排水が問題なくできること。

地域によって雨水の処理方法にも違いがあったりしますので、

前面道路の雨水排水施設の状況と併せてチェックしましょう。

さらに玄関ポーチの高さ、ウッドデッキの高さなども考慮しながら高さを決めて行きます。

高さの設定次第では、余った土を外部に持ち出すのに結構な費用がかかってしまうこともあります。

建築計画をされる際は、土地の形状などもそうですが、こういったことの検討も必要になってきます。

 

購入してからでは後戻りが出来ないのが土地選びの難しい所。

土地を選ばれる際は建築をお願いする業者(メーカー)に相談に乗ってもらうことをおすすめします!

失敗しない土地選びのポイントの1つです。