もう少しで吹き込み開始…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

満開の桜から、桜吹雪と葉桜へと移り変わり、日中の気温も汗ばむくらいまで

上がるようになってきました。ちょっと早いですが、夏用のスーツに衣替えしよ

うか本気で考えます…(ただ、来週くらい寒い日があるみたいですが…)

 

現場が進んでいる「玉名市松木の家」ですが、内部ではシートを貼って、セルロ

ースファイバーを吹き込む準備が進んでいました。

ブログ用

 

 

 

 

 

 

 

 

セルロースファイバーに関しては、「断熱」だけでなく、「調湿」「防音」の機能が

付いてくる反面、「吹き込み」になるため、電気配線を先に終えておく必要があ

り工程の制約があり(実際に大工さんに話を聞くと、当然のことながら作業の順

番なども変わってくるそうです…)またコストも変わってきます。

 

それでも、今回の施主のH様もそうでしたが、「セルロースファイバーを使いたい」

ということで会社にお問合せをいただくことからスタートされるお客様もけっこういら

っしゃるくらい皆さんの関心の高い素材でもあります。

 

皆さん関心を持たれる理由は様々です。「防音機能」「調湿機能による柱などの

構造の耐久性アップ」「吹き込みによる施工の問題の解消など…どれもしっかり

とした(!?)理由に基づくもので、しかもご要望いただくお客様はしっかりと勉強さ

れている方が多く、予算とのバランスによる仕様の優先順位はかなり上位に来る

ことが多い印象があります。

 

個人的な感覚ですが、「吹き込み」を実際に見ていると非常に安心できる素材

です(グラスウールは施工後にパッキングを傷付けたりする可能性があるので最後

まで気になります…)

とにかく一度、実物、実験などを「触れて」「見て」「聞いて」欲しいと思います。