足場が取れて全体が確認出来るようになりました。

こんにちは、アドバイザーの甲斐です。

 

長嶺の家ですが、

足場解体前社内検査も無事終わり、足場が取れて全体が確認出来るようになりました。

20150715_140019

白い漆喰と黒いガルバリウムの壁のコントラストが目立つこの家、実は2階建ての建物と

平屋の建物がぶつかってくっ付いたようなユニークな形をしてます。

また、ひと際目を引く木製サッシの大きさは、実際に見て感じて頂きたいです。

ちょっとビックリですL(゚□゚)」

軒天、フラワーボックス、玄関なども、木部はレッドシダー色で統一しております。

 

この後、木製サッシ用の戸袋がついて、大きめのウッドデッキができたらほぼ完成です(^_^)

 

次は建物完成後にお知らせしたいと思います!

 

木製サッシ取り付け完了!!

こんにちは、アドバイザーの甲斐です。

久しぶりに長嶺の家の様子を。。。

 

先日木製サッシを設置完了しました!!

写真 2015-06-12 16 05 35

 

今回この「長嶺の家」の一番の見せどころ!?

リビング南側の壁一面が窓です(*_*)

取付は、6人がかりでかなり大変でしたが・・・(笑)

やっぱりかっこいい!!

メンテナンスに少しは気を遣いますが、

木製のサッシもいいですね~(^^)

片引きの全開放です!

 

この後、大工さんに戸袋を造ってもらいます。

足場が外れたときの外観が楽しみです!

 

 
»続きを読む

カラダにまずい空気を、おいしく!

こんにちは、アドバイザーの甲斐です。

いよいよ梅雨本番ですね(+o+)

雨が続くかと思いきや合間に良い天気になったり・・・

ころころと変わる天気に皆さん悩まされているのではないでしょうか?

現場も同じで、天気に左右される事が多く、

毎日が天気予報との睨めっこといった感じです(笑)

これも日本独特の気候なので、できるだけ上手につきあって行きたいものです。

 

先日はmoiss(モイス)の開発の経緯を書いてみましたが、

今回は、その性能の一つを紹介したいと思います。

(↓moissホームページからの抜粋です↓)

 

「有害物質を吸着し分解もします」

写真 2015-05-15 11 08 52

ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン・・・。
室内の空気中に漂う化学物質は、実に多種多様です。
しかも、壁、床、天井などから部屋を包むように放出されています。
目に見えないけれど、私たちは日々たくさんの有害物質を体内にとり入れているわけです。
たとえ今は何の症状もないとしても、カラダに蓄積された化学物質の影響がいつ出てもおかしくありません。
研究者たちの間では、人間にはある一定の化学物質の許容量があり、そのパイを超えたときに症状が発症するという説が一般的です。
こうした化学物質から身を守る有効な手立ては、今のところありません。
生活者一人ひとりが商品に対する厳しい目をもち、抜本的な改革への流れをつくっていくことも大切となります。
MOISSは、あらゆる有害物質を出しません。それどころか、他の建材やインテリアから発生する有害物質(ホルムアルデヒド)も吸着・固定化します。
住まいの高気密・高断熱を保ったまま室内の空気をきれいにする、画期的な内装材なのです。

 

知れば知るほどスグレモノですね(^_^)

また折を見て、もうひとつの性能についても書きたいと思います。

 

 

 

結露対策もいろいろ・・・

アドバイザーの甲斐です。

先週は、真夏日がつづきとても5月とは思えない暑さでしたが、

今週に入り、少し肌寒い朝を迎えてますね。

自分でもびっくりしてますが、歳のせいか(笑)

最近は早起きするようになり、朝の空気の美味しい事に

気づきとても清々しい朝を迎えてます。

 

現在進行中の長嶺の家ですが、上棟も無事終わり、

外壁工事と断熱工事が順調に進んでいます。

 

長嶺の家では、日射遮蔽や風通しなどを考えた設計の上に、

自然素材の調湿性能にもこだわっています。

室内はもちろんですが、実は怖いのが壁の中の結露です。

ここでは、断熱材に調湿性能を持つセルローズファイバーを採用

していますが、耐力面材にも調湿する材料「モイス」を採用しました。

室内でも、シューズクロークなどにはモイスを張ります。

 

この「モイス」ですが、なかなかスグレモノの製品です。

最近では良くキッチンのカップボード等に使用されているのを見かけますね。

ポットでお湯を沸かすときに蒸気が出てカップボードに結露がおきます。

それをモイスで受けることで、蒸気を吸い取ってしまう、というものです。

 

そこで、この「モイス」とはどのような物なのか、少しばかり書きたいと思います。

 

CIMG6708

MOISS(モイス)の開発にあたって、最も注目されたのは日本の伝統的な民家だそうです。

実はかつての日本家屋には、健康的な生活を送るための数々のヒントが

秘められていたからです。

例えば、昔の家屋に使われていた建材は木材、石、葦、土など。

これらはすべて天然素材で、適度な調湿機能をもち、室内環境を常に新鮮に保つことができました。

部屋の中央に据えられた囲炉裏は、まるでエネルギー効率に優れたキッチン。

料理をしながらその熱で暖房器の役割もはたしていたのです。そして、立ちのぼる煙は

木材や葦を燻し、防虫効果と耐久性を自然と生み出していました。

この自然のハイテクと現代の住まいの優れたポイントである高気密・高断熱を

保ったまま実現することはできないか。これがモイス開発の原点だったそうです。

 

次回は、性能について書いてみようと思います。

 

 

 

 

長嶺の家、建て方始まりました。

こんにちはアドバイザーの甲斐です。

 

新年度に入りましたね。

1年の中でも、3月と4月は特に忙しい・・・

といった方も多いことでしょう。

私の周りでも、子供が中学、高校とダブルで入学式で大変!

なんて話を耳にします。

我が家はと言うと、下の子が6年生になりました。

月日が経つのは早いですね。

みなさんも、毎年この時期にお子さんの成長をあらためて実感!

なんて方も多いのではないでしょうか。

 

このところ雨が続いていまして、各現場が思うように動かない1週間でしたが、

長嶺の家では、合間の晴れた日を狙って建て方が始まりました!

CIMG6692

 

 

この建て方の時の3~4日は大勢の大工さんが集まります。

晴れてるうちに一気に屋根までかけるので、スピードが大事なんですね。

普段はそれぞれ別の現場を持っている大工さんたちも、この時ばかりは応援に駆け付けます。そういった大工さん同士のネットワークを使って、家は建ち始めます。

 

家の形もこの時点で見えてきます。一気に家らしくなり、完成が待ち遠しい!といったところですね(^^)

 

「長嶺の家」では、5月中旬に建築途中の現場見学会を開催する予定です。

詳細はまたお知らせしますね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 チャレンジ!!的な・・・。

アドバイザーの甲斐です。

 

4月に入り弊社でも2人の新入社員を迎え新年度スタートしました。

ただ、ショックだったのが、2人とも18歳との事。

自分の子供達と変わらない・・・。

もうそんな歳なんだな、、、としみじみ感じた新年度スタートでした^^;

 

長嶺の家では基礎工事が完了したところです。

写真 2015-04-01 18 03 30

 

 

 

 

 

 

 

平屋部分が多いので、いつもより大きく感じます。

 

この長嶺の家では、いろいろと新しい取り組みを計画しています。

弊社としても「チャレンジ!!」的な家です。

弊社の謳うコンセプトを最大限カタチにすべく、ガッチリ攻めます(笑)

 

詳細はその都度ここに書いていきたいと思います。

サボり癖が出ませんように・・・(-_-;)

建物の高さを極力抑えて、パッシブでかっこいい家になる予定です!!

 

 

 

 

 

現在までの様子

アドバイザーの甲斐です。

 

いつもブログをさぼりがちになってしまいます(^_^;)

長嶺の家は、基礎の底盤コンクリートの施工を完了しています。

P3230048

長嶺の家は、平屋部分が多く、基礎の面積も広い!

施工する方も大変そうでした。

 

 

この前の様子はと言うと鉄筋を組んでコンクリートを打設する準備です。

018

 

 

 

 

 

 

配筋は家の要でもあるので、

JIO(第3社機関)の方に検査をしてもらいます。

細かく配筋の間隔などをチェックして頂いてます。

検査に合格しないと、次の工程に進めないんですよ。

 

現場施工は次々に工程を確認して次に進めて行くので

現場監督は、先の先まで予測して手配をしているんですね。

見積り積算をしている段階で、8割から9割は頭の中で

工事が終わっているそうです。

これにはびっくり!!しました。

 

 

 

写真 2015-03-12 13 05 12

 

 

 

 

 

 

この基礎砕石敷きから底盤コンクリートまで、ダイジェストで書いてみました。

まだ始まったばかりです。

これからどんな姿を見せてくれるのか、、、できるだけアップしていきます(^_^)

長嶺の家、地鎮祭でした。

アドバイザーの 甲斐です。

 

更新をサボる癖が・・・(-_-;)

申し訳ありません<(_ _)>

 

今月頭のことですが、東区長嶺で地鎮祭を執り行いました。

CIMG6581

この日は、雨上がりで風も強く、寒い中での地鎮祭でしたが、

終わるころには日差しもあり良い天気になりました(^_^)

CIMG6589

鍬入れの儀の様子です。

普段は弊社社長が行っていますが、この日は現場監督の山野が代行です!

少し恥ずかしそうではありましたが、ピリッと締まるすばらしい発声でした(笑)

社長はというと・・・

勘のいい人ならお気づきかもしれませんが・・・(ー_ー)!!

またおいおい話したいと思います。

Y様、、、

おめでとうございます(^_^)