完成直前…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

忙しさにかまけてアップしていませんでしたが、気がつけば「東区山ノ内の家」は完成間近…

来週末は完成見学会です…

ブログ用

 

 

 

 

 

(只今、器具付けと美装と外構工事の真っ最中!)

建築自体は秋からでしたが、土地探しやプランニング等を含めるとけっこうな時間が経過しました。

お施主様の「楽しみにしています」というお言葉をいただく機会が多く、本当に完成・ご入居を待ち

望んでいただいている感が本当に伝わってくるお施主様なので、こちらも本当にやりがいを感じる

「営業冥利につきる!」現場です!

 

内部に関しては、珪藻土と杉の無垢材をふんだんに使用していて、「木の香りを楽しめる」ようにな

っています。

内部に関しては見学会にて実際に体感して下さい!

見学会の現場にてお待ちしています!

 

もうしばらく…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

先日、日中ですが、山間部の道路を車で通行する機会がありました。

お昼頃で、冬用タイヤも履いていたのですがちょうど橋の上で、1日日が当らないところ

だったようで、ちょっとスリップして、車のおしりをフリフリ…

見た感じは特に凍結している様子もなく、ちょっとびっくりでしたが、雪道で慣れている!?

ため事無きを得ましたが、速度がもっと出ていたら危なかったかも… (「慣れている」と

思うのが危険な証拠ですね…気を付けよう…)

正直、雪道より凍結の方が怖いものです。

「油断大敵」ですね。しかし、今年の冬は読めない…

 

 

東区山ノ内の家ですが、先日からかなり外壁作業が進んで、まだ一部終わっていない

ところや、取り付けの終わっていない外壁以外のパーツなどがありますが、おおよそ外

観がわかるようになりました(足場・養生シートはもうしばらくあります…)

用④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部は作業をした分が目に見えて形になり、どんどん進捗しているように見えますが

内部は作業量がそのまま形になりづらいところもあって、ここから時間がかかります。

外部を見ると、「もう少しかなぁ~」と思ってしまいますが、もうしばらくかかります…

(S様もうしばらくお待ちください…)

しかし、営業の立場からも、形が出来ていくのは見ていて楽しいですね…

楽しみとドキドキ…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

先日、実家に用があり57号線経由で熊本~大分間を行き来しましたが、道路横の温度計は

0℃を表示していて、雨ではなく雪がパラついていました。

北海道では例年の35%ほどしか雪が降っていないため、スキー場では悲鳴が上がっていた

り、寒気の影響で大雪のおそれ、などこの冬は冷え込むのか、暖冬なのか、雪は降るのか、

降らないのか(熊本は数年に1度ドカ雪がきますもんねぇ~)ちょっと予測がつかないです。

とりあえず山越えがあるので冬用タイヤは装着しましたが、『備えあれば憂いなし』で出来る

かぎりの準備をしといた方が無難ですね…

 

ちなみに今日は積雪があるみたいですが…

 

ブログ用③

 

 

 

 

 

 

「東区山ノ内の家」では外壁の施工が進んでいます。

打合せをさせていただいた私としては、外観パースを作成・ご提示させていただいていますが、

イメージどおりか、いつもドキドキしてしまいます…(だぶんお施主様以上に…)

 

外壁材のサンプルはどうしてもカットサンプルになるので全体像のイメージは外観パースを作

成しますが、データの反映にも限界があるのも事実…

非常に難しいところです…

 

もう少ししたら、全体の施工が終わる(最終の仕上げはもう少し先になりますが…)のでそこで

全体像が見えてきます(足場・シートが外れるのはもっと後…)

楽しみとドキドキと、何とも言えない気分です…

 

百聞は…

こんにちはアドバイザーの土谷です。

早いもので今日から12月、「師走」です。

最近は郵便局に行くと年賀状が目に入りますし、コンビニなどに行くとおせち料理の予約などの

オススメが目に入り、ホームセンターへ行くと大掃除に関するポップが目に入り、「そろそろやら

ないとなぁ~」と思うものの、なかなか取り掛かれません…

そうこうしていると気が付いたら大晦日前…というのがいつものパターン。

今年こそは…

 

 

先週の三連休で熊本市東区山ノ内の家の構造見学会を開催致しました。

完成見学会と違って、「楽しむ」というよりは「真剣に見る」という感じがします(もちろん、完成見

学会がいいかげんなものとうことではありません)し、来場いただいたお客様からの質問もちょっ

と内容が違います…

 

特に、構造躯体・オールアース・セルロースファイバー・エコボロンなどは構造見学会の段階で

なければ施工状況をご覧いただくのは難しいですし、我々としてもパンフレットやその他の資料

を使ってご説明させていただくのと、実際の現場をご覧いただきながらご説明するのでは断然

後者の方が説明し易いですし、お客様のご理解の度合いも違います。

本当に「百聞は一見にしかず」とはよく言ったものだと思います。

 

その後1週間で、ユニットバスが入ってきたり、ご覧いただいたオールアース・セルロースファイバー

の施工も途中だったものが進んだり、けっこう空間が空いていたところが埋まった気がします。

 ブログ用①

 

 

 

 

 

セルロースがパンパンに入っているのは今しか実感出来ません。

 ブログ用②

 

 

 

 

 

オールアースの施工状況も今だけ!

 

ただ今回、内装の自然素材(無垢床・珪藻土など)は逆にご覧いただけなかった部分ではありますので

そこは完成見学会にてご覧下さい。

チームよしやすの見学会は「構造」「完成」の両方をご覧いただっければよりご理解を深めていただけます。

 

構造見学会に間に合わなかった、都合が合わなかったという方はご相談下さい。(ただし今のうちです…)

安心な防蟻…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

 

天気予報で「冬型の気圧配置」というフレーズをよく耳にするようになりました。

少し前まで夏服でがんばっている人もいましたが、さすがに見かけなくなってきました。

 

この季節になると、いろいろなものが美味しくなります。

身近なものでは「肉まん」なんかがありますが、普通に売っている肉まんでも十分にお

いしいのですが、私の中の「KING OF 肉まん」福岡の「揚子江肉まん」がむしょうに

食べたくなります(ちなみに偽物もあるらしい…)

 

私の食いしん坊ネタは置いといて、「東区山ノ内の家」は工事が進んでいます。

 

本日は「防蟻」について。

「自然素材の家」はお住まいになるお施主様家族の体に優しいものでなければいけま

せん。

チームよしやすで採用しているのは「エコボロン」という「ホウ素」を主成分にした防蟻剤。

目薬などにも使われている「ホウ素」が主なため「知らぬ間に健康被害…」ということも

ありません。

 

「建て方」前の基礎・土台の段階でも施工していますが、柱の下から1mの範囲も施工

対象になっていて、こんな感じで塗布していきます。

DSC05857

 

 

 

 

 

 

 

来週末の三連休開催の構造見学会ではご確認いただけますが、更に工事が進むと

見えなくなってしまう部分です。

 

「違い」はやっぱりパンフレット、ホームページではなく、ご自身の目で実際に見て欲

しいものです…

 

見学会のご案内が必要な方はお気軽にお声がけ下さい!

上棟式…

朝晩、「涼しく」から「冷え込む」感じになってきました(通勤途中の温度計も10℃を

下回るようになってきました)

そろそろ、バルコニーの観葉植物も室内へ移動しないといけないかなぁ~と…

 

先日、『熊本市東区山ノ内の家』の上棟式が執り行われました。

DSC05833

 

 

 

 

 

 

2階天井裏に上げた扇(右隣に棟札も上げてます)工事が進むと見れなくなりますね…

 

 

施主のS様から「本当に楽しみにしています」というお言葉をいただきました。

担当営業としても、お客様のその一言がさらにやる気を湧き起こさせてくれるもの…

また「がんばってきて良かった~」と思う瞬間でもあります。

ちょっとここからは営業の力の及ばないところが多くなってしまいますが、それでも

出来る限りのお手伝いが出来ればと思います。

 

上棟式が行われたということで、構造見学会が近づいてきました。

11月22日()~24日()の3日間限定になります。

個人的には完成と同じくらい見どころ満載です!お見逃しなく!

出現!

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

 

これから気温が下がってくると、北区~合志~菊池にかけてのエリアは朝、霧が発生

し易くなります。(熊本市中心部に比べて、農地が多く地面の露出が多いから仕方が

ないのですが…)

ということはそろそろ阿蘇の雲海の時期がやってきたということ。

ただ狙って見に行くと出ないんですよねぇ~これが…

 

本日、東区山ノ内の家の現場では建て方が行われました。

20141027_145943_003

 

 

 

 

 

もちろん基礎・土台が昨日までに完成していたわけですが、今まで何も無かった空間に、

一日でこれだけのものが出来るわけですから、一日で『出現』した 感じがします。

住宅でこんな風に感じるのであれば、「秀吉の一夜城(諸説ありますが…)」なんてどんな

にビックリさせられることでしょうか…

 

お施主様の立場からでも「自分の家が出来てきた…」と一番感じる時かもしれません。

(ある意味完成時よりもインパクトがあったりします…)

ただ喜んでいただける反面、現場は危険な時期でもあります。ご自分の住まいの現場

とはいえ、ヘルメットをかぶるなど現場のルールには必ず従って下さい。

 

ヘルメットで思い出しましたが、小さなお子さんにヘルメット(大人用)をかぶせてみると

何とも可愛らしい写真が撮れたりします。

あのブカブカ感が微笑ましい一枚を演出してくれます(ちょうど入学したばかりのお子さん

のランドセルが歩いてる…みたいな感じです)

新築記念にはもってこいのワンショットです。是非、試してみて下さい。

 

今が一番…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

 

先日、静岡県のスキー場が全国のトップをきってオープンしました。

熊本ではまだ秋の気配といったところで、で冬はもう少し先、みたいですが個人的にうずうずします…

しかし、今シーズンの冬は暖冬になるのか、寒くなるのか…

 

 

現場進行中の「東区山ノ内の家」の現場では週明けから建て方が始まる予定で、いよいよ住宅の

建築現場らしく!?なってきました…

20141025_144627

 

 

 

 

 

住宅の建築の現場において、最初は「地縄張り」して「基礎工事」へと進み、平面的に建物の形、

広さを実感出来ますが、皆さん「狭っ!」とおっしゃられるように、実際の面積よりも狭く感じられ

ます。

工事が進み、柱・壁・天井が現れ、部屋が形づくられると「あぁ、こんなものですよね…」とようや

く想像していた(見学会や展示場で体感された)広さに感じられるようになってきますが、もし住

宅の検討をされている方で、縄張り~基礎の段階をご覧になられる場合注意が必要です。

 

また、弊社でも構造見学会を行いますが、タイミング的には上棟して少し現場が進み、断熱材の

施工する頃(現場によって見学会のタイミングはずれますが…)になりますが、柱・梁と並んで建

物の構造体となる基礎(その内部)や床下の断熱の施工、土台など考え方によっては一番見ど

ころの多い工程でもあります。

 

逆にもう少し現場が進むと、足場に養生シートがかけられ、現場の状況が見にくくなり、次に外

から現場の様子が覗えるようになるのは完成間近になってしまい、なかなか物件比較の材料

になりにくい面も出てきてしまいます。

 

また、お施主様の側からしても、このくらいの時期が一番現場が進捗しているのがわかる時期

でもあります。逆に、建物が建ちあがり、大工工事など中の作業がメインになる頃は1日ごとの

現場の変化が見分けにくくなってしまうこともあり、「今か今か」と完成を待ちわびているお施主

様にはちょっとストレスの溜まる時期もあったり…

 

とにかく、お施主様の立場でも、ご検討中で現場見学等をされている方の立場でも今が見どこ

ろが一番ある時期と言っても過言ではないと思います(構造見学会で「完成してないの?」とおっ

しゃられる方にはそうではないかもしれませんが…)

物件、会社を比較するのに最高の判断材料が数多くある時期です。

ご覧になられたい方はご相談下さい…

 

 

進行中!

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

朝晩(特に朝!)の冷え込むようになりました…この時期、朝晩は冷えますが、日中は

それなりに気温が上がるため、スーツをどうしようか考えます…

熊本はいつまでも暑いので夏用スーツをけっこう冬近くまでひっぱりますが、グレーの

「いかにも夏用スーツ」はさすがに季節感がないかな?ということで夏用と分かりにく

い黒にしてますが…

 

20141006_150507_002

 

 

 

 

 

山ノ内S様邸、地鎮祭、地盤調査から少し時間が空きましたが、無事に進行中

です。

台風の影響もほとんど無く(今年の熊本はありがたいことに台風の大きな影響を

受けずに来れてますね…)今月の後半には建て方、上棟、1ヶ月ほどで、構造見

学会の予定です。

 

ちなみに、弊社で取り組んでいます『オールアース』については、完成見学会や

セミナーで話を聞いていただいたり、実験をご覧いただくのはもちろんですが、是

非一度、施工状況をご覧いただきたい…

 

皆さん、『完成した建物が見たい』と思われると思いますが、完成してしまうと難し

い「会社別の比較」も、構造その他、完成してしまうと見えなくなる部分を比べると

すんなりと答えが出ることもあります。

 

また「見学会」の日程がどうしても都合に合わない場合は、日を変えてもご覧にな

っておくべきだと思います。

 

「制度」「数字」」と同じく、「現場は嘘をつきません」

悩む前にご覧下さい。

地盤調査…

こんにちは、アドバイザーの土谷です。

地域によって差がありますが、学校も2学期が始まり、何となく日常が戻ってきたというか

通勤時に子供たちの姿が戻り、「これが普通だよなぁ~」という光景が戻ってきました。

 

これで例年どおりの日照時間が戻れば言うことなし!なのですが…

(しかし雨は多いのに気温はそれなりにあって暑い… )

 

先日地鎮祭を終えたS様邸で地盤調査がありました。

ブログ用

 

 

 

 

 

 

基本的には同じですが、ちょっとずつ業者さんごとで機械が違うのは面白い…

 

アドバイザーの私ですが、けっこう立ち会うことが多いのですが、正直なところ落ち着き

ません…

何故なら地盤改良が発生するとお施主様に余計な出費を強いることになるからです…

工事費が上がるのはありがたいことかもしれませんが、お客様と直に向き合うアドバイ

ザーにとってはそうではありません、結果が出るまでは嫌な時間です。

 

今回、地域としては基本的に地盤の安定しているところ、かつ近隣あいさつで回ってい

る時に「週明けから地盤調査の予定です…」とお伝えしたところ「この辺は大丈夫よ!」

と言われていたのですが、当日立会で1ヶ所目を見ていたところ…業者さんから

「ちょっと柔いでですね…」と言われ、正直かなり1日ブルーな気分…

 

結局、2日ほど経って調査結果が来て、「改良の必要なし」ということでしたが、胃が痛い

2日間でした…

 

でも何も無かったので結果オーライ、めでたしめでたし…「あぁ~よかった…」

S様にも良い報告で出来ます…