素材を選ぶ

自然素材と一言に言っても、意外とむずかしい。

何でもとりあえず使えば良いというものでもなく、その素材の持つ力を発揮するためには、

その素材のことをよく理解する必要がある。

 

例えば、漆喰。

最近では、塗り壁を選択するユーザーさんも多いと思うが、その材料の特性を売り手側から

ちゃんと説明を受けているのだろうか?と思う。

 

外壁での漆喰の選択。

漆喰は強アルカリ性で自浄効果もあり、優れた素材なのは間違いない。

でも、雨、風などの影響を受けないということはない。

 

昔から、外壁には漆喰が用いられてきた。

それは長持ちし、数々の歴史的建造物にも塗られている。

ここで大切なのは、長持ちするのには一定の条件があるということ。

 

昔の日本家屋と今の主流の家屋の違いは何か。

大きな違いは、軒の深さではないだろうか。

少々の雨では、窓を開けていても雨が室内に入らない程度の軒の出。

直接雨が当たるのを防ぎ、外壁の劣化を抑える。

 

また、軒は夏場の日射を遮ることもできる。

夏場に、直接室内に日が入るのを抑え、過ごしやすい空間をつくる。

日本の家は夏を旨とすべし。

吉田兼好の「徒然草」にも書かれている。

冷房もない時代に、暑い夏をやり過ごすために、昔の家には軒の出は絶対条件だった。

軒を出すのには理由があり、その理由の一つに、外壁の保護もあると思う。

 

だが、最近の家は軒が無い家も多い。

見た目を重視したものであろうが、それならそれで、漆喰などの塗り壁という選択は

ふさわしくないと思う。

 

先人の知恵には驚かされることがたくさんあるが、昔ながらの良いところを積極的に取り

入れながらも、現代版に進化させることが家づくりには大切だと思う。

 

私は、素材の持ち味を十分に発揮できる家づくりを提案して行きたい。