「家族の笑い声が聞こえる…」家族がつながるZEHの家

「家族のつながりを重視したいのでリビングに設けた吹抜けを中心に、出来るだけオープンな間取りにして、家族の声が常に聞こえるようにしたい…」家づくりにあたってお施主様からいただいたご要望です。

普通の断熱性能の家でオープンな間取りを作ってしまうとただのエアコンが効きにくい家…になってしまいますが、ZEH基準の断熱性能と、パッシブデザインを採り入れることで、オープンな間取りでも自然の光と風で心地良く過ごせ、冷暖房効率も気にしなくても良い…そんなお家が完成しました。

建築の背景

[きっかけ] はじまりは「現在困っていること」そして「将来への備え」

もとのアパートの生活では、熊本特有の湿気に悩まされておられたお施主様。
新しい家では結露やカビなどに悩まされることがないように、ということで断熱、調湿と通風にこだわって家づくりをされたいということで、自然素材・パッシブデザインを基準に家づくりを行っている弊社にお声がけいただきました。

更に、近年周期的に変化し、将来への不安が残るエネルギー事情に対応しておくために、「ZEH 基準」の家のご希望を当初からご希望いただきました。

[こだわり] ちょっと寒がりな奥様のために…

「冬場の寒さ」だけでなく「夏場のエアコン」が苦手という方が増えてきていますが、奥様もご多分に漏れず少々寒がりでいらっしゃいます。

今回の建物は、ZEH 基準の家でも、弊社の標準仕様のものから、補助金を取得できるレベルまで断熱性能を引き上げています。
(実際に取得しています)

更に、パッシブデザインを採り入れて、自然の風をできるだけ取り込み、出来るだけ夏でもエアコンを使用せずに生活できる家づくりを行っています。

[こだわり] 心優しいご主人のこだわりが…

弊社にお声がけいただいたもう1 つの理由が弊社のおススメしている「ペレットストーブ」をどうしてもご主人が設置されたいと思われていたこと。
大事なところではきちんとご意見を述べられたご主人ですが、基本的には出来る限り奥様の好きなようにさせてあげておられました。

そんな優しいご主人の数少ないご希望(主張)の一つがこのストーブの設置でした。
プランニングもリビングの一角にストーブを置くことを前提にスタートしました。

暖房機能だけでなく、その揺らめく炎はご家族はもちろん、遊びに来られるお友達の体はもちろん、心も温め、楽しませてくれることでしょう。

[家づくり] 「モノ」ばかりでなく「コト」を満たす家づくり

家づくりをスタートするにあたって弊社が重視しているのが「新しい住まいでどんなことをされたいか?」ということ。
つまり「モノ」ではなく「コト」の部分、そしてそれに対応できる家づくり。今回、家づくりを始める前のヒアリングで気になったのが「来客」と「収納」という言葉。

「新しい住まいにお友達を呼びたい」や「子供たちのおもちゃなどが散らからないようにしたいし、物を外に置きたくない」という「コト」に対して、「家族とお客様の動線の分離」「収納の充実」などのいくつかの課題を持ってプランニングに取り組んでいます。

こだわりのポイント

すっきりとした住空間

テレビは壁掛けにしブルーレイなどは階段下スペースを利用した引き出し収納に収めるなど、室内をできるだけすっきりさせるアイデア溢れる建物です。

女性目線のプランニング

2人のお子様も女の子なので洗面・脱衣室を分け、更に洗面スペースは造作で広めに設定しています。

散りばめられた
「おしゃれ」と「遊び心」

階段下の子供たちの隠れ家スペースに設けられた「のぞき窓」や外部のおしゃれなガルバリウム製のチェーン雨樋などお施主様の遊びごごろが様々なところに散りばめられています。

ZEH基準の
次世代エコ住宅

年間のエネルギー量の収支をプラスマイナス「ゼロ」に」するZEH 基準の性能を持たせています。

※当物件は基準のUA値0.6w/㎡・KからUA値0.48w/㎡・Kまで性能を引き上げています。