自宅カフェのような家で家族と落ち着いた時間を楽しむ家

忙しい合間にも家族とのコミュニケーションがとれるよう、落ち着いた時間を過ごせる住まいにしたいというご夫婦の要望と、弊社の「健康をデザインする」というコンセプトが結実し、パッシブデザイン・自然素材・オールアースを導入した自宅カフェの雰囲気をもった住まいが完成しました。

建築の背景

[きっかけ] 家の完成を大きく変えるコンセプトメイキング

弊社のお客様からの紹介がきっかけでお問い合わせをいただきました。

「家を建てたいけど、何から始めていいのかわからない」というところからアドバイス。様々なインテリア雑誌などを参考に、どんな家に住みたいか、どんな雰囲気がよいかなどを検討していき、奥様から「カフェのような空間にしたい」という要望があったことから理想の家のコンセプトを膨らませていきました。

[こだわり] 忙しい生活の中でも家族との時間を持ちたい

施主様が忙しく、ご家族との時間を作ることができないという事から、普段通りに過ごしても自然とコミュニケーションが生まれる間取りを考えました。

リビングを基点とした奥様の家事動線や、お子様がリビングで過ごすことを想定した学習できるカウンターなど、カフェのような雰囲気を取り入れつつ、ご家族がコミュニケーションを自然にとれるレイアウトになっています。

[家づくり] 「健康をデザインする」吉安建設だからできる家

ご家族の健康と家を守り、省エネ生活ができる吉安建設の「健康をデザインする」というコンセプトも取り入れています。パッシブデザインで光の取り込み方や、風の通り方を設計し、自然素材を使用していることで室内の湿度が快適に保たれ、オールアースで見えない電磁波もカットしています。

こだわりのポイント

リビングの大きな窓

パッシブデザインの一環として光と風を取り入れる大きな窓を採用。自然を遮断するのではなく、生活に上手に取り込むことで、快適さが向上します。

カウンター

キッチンの脇に取り付けられたカウンター。奥様が家事をしながらお子様の学習する様子が見えるようにレイアウトしました。また、外の景色と室内の調和がとれるよう、窓を設けています。

効率的な家事動線

奥様の家事がスムーズに行えるよう、キッチンから脱衣所、お風呂場まで直線でつなげています。

珪藻土

1F全体の壁に珪藻土を使用しています。室内の湿度が適切に調整されるため、季節問わず快適に過ごせます。

外構には
四季を楽しめる植物

四季の移り変わりが楽しめる植物を庭や外構に配置することで、生活に落ち着きと、安らぎを与えてくれます。

カフェの雰囲気

室内の木材や色味、ライティングをカフェのような雰囲気にデザイン。日常をオシャレに楽しく過ごせる雰囲気を演出します。