断熱工事(セルローズファイバー)

断熱工事で使うのは、セルローズファイバー。

新聞紙等から出来た自然素材系断熱材です。

断熱材は柱の間、天井などに入れていきますが、壁の中の湿気をコントロールし、柱などの構造材をカビやダニから守るには、調湿作用のある断熱材を選ぶことが大事です。

セルローズの他にも羊毛断熱材なども調湿することができる優れた断熱材ですが、断熱性能という観点からすると、セルローズの方が優れています。

セルローズファイバーには、他にも防音効果もあり、また火をつけても燃えないという優れた特徴があります。

ただ、時間が経つと壁の中で沈下を起こし、壁の中の上のほうが空洞になるという問題が考えられます。

それらは手抜き工事による結果であり、規定の量を吹き込むことで、沈下しないことが第三者機関の試験により証明されています。

それを防ぐためにも、正しい施工を行うことが大事。

経験豊富な専門業者による施工が必須です。

 

 

専用シートを貼ります。

 

 

吹き込み作業の様子。

隙間がないか手で触って確認しながらの作業です。

 

 

 

 

梱包されたセルローズファイバーをほぐしながら圧送する機械。

 

 

現場前に停めた工事車両。

よく見ると、建物へ続くホースの中にセルローズファイバーが!

このように、車から直接ホースで送り込み、壁の中に充填していきます。

 

 

余談ですが、

防音効果がどれだけあるのか体感できるキットがあります。

興味のある方はお声かけください!!